身体を巡る冒険

しゃべる機械が世界を変える?

全盲者の難波創太さんの生活は、パソコンやスマホをはじめ、多くの「しゃべる機械」に助けられているそうです。実際どのように使っているのか、教えてもらいました。視覚に頼らず音声でいろいろな情報が得られれば、目の見える人にとっても、新しい世界が拓けるのかもしれないというお話です。
障害について身体論的にアプローチしている美学の研究者・伊藤亜紗さんと、中途失明の全盲者である難波創太さんのコンビ連載です。

左:伊藤さん。障害を身体論的にアプローチする美学研究者。一児のお母さんでもある。
右:難波さん。中途失明の全盲者で鍼灸師。薬膳研究や合気道など幅広く活動している。
下:モナミちゃん。難波さんのパートナーをつとめる盲導犬。治療院「るくぜん」看板娘。

音で情報を集めることが生む可能性

— 難波さんが視覚を失ったのは2007年のことですよね。いまネットやスマホが登場して、生活は変わりましたか?

難波創太(以下、難波) 日常生活ではパソコンに一番助けられてると思います。

伊藤亜紗(以下、伊藤) スマホのタッチパネルは、やっぱり目で見ないと使いづらいですか?

難波 最初はボタンがないから全然使えなくて、机の上の文鎮と化していました(笑)。

伊藤 文鎮(笑)。

難波 でも、周りの若い人に教えてもらいながらだんだん使うようになりましたね。画面を指で触ってると、アイコンのところに来るとアプリ名を読み上げてくれます。そこでポンポンとダブルタップするとアプリが立ち上がるという風に使っています。

伊藤 そういうふうにも使えるんですね。

難波 「タッチ」というより「まさぐる」という感じですね。テキスト入力はすごく苦手ですけど、アップルの製品はすべて、デフォルトで画面を読み上げる機能がついているのが素晴らしいです。とにかく自力で直接情報にアクセスできることが大事なんです。

伊藤 そうなんだ。

難波 フェイスブックのタイムラインのように大量に流れる情報を一覧して、自分に必要な情報をピックアップするのは、視覚ならではの機能ですよね。聴覚では、まずすべて聞いてから情報の取捨選択となります。大量の情報を処理することは苦手なんです。

難波 パソコンも文字を音声で読み上げるソフトが入っています。

伊藤 さっきまでディスプレイ、まっくらでしたよね?

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
身体を巡る冒険

難波創太 /伊藤亜紗

昨年、新書『目の見えない人は世界をどう見ているのか』を上梓し、“目の見える世界”の「当たり前」を解体してみせた美学の研究者で、障害について身体論的にアプローチしている伊藤亜紗さんと、中途失明の全盲者である難波創太さんの連載「身体を巡る...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

syoujinkankyo 読み上げソフトのクセ…Siriはフレンドリーなのかw 4年弱前 replyretweetfavorite

consaba 「日常生活ではパソコンに一番助けられてると思います。」音で情報を集めることが生む可能性  4年弱前 replyretweetfavorite