俺の夜~記者が自腹で集めた夜遊び情報~

寒さを吹き飛ばす美女と酒の温もり。ススキノ遊びは厳冬期に限る!

夜遊びはカネもかかるし、めんどくさい——。そんな昨今の風潮を嘆き、日本の夜を元気にするため、SPA!編集部の精鋭記者たちが立ち上がった!(毎週水曜日更新)

 変わらぬ味のいいちこ、唄い尽くした十八番、新人キャストとの面接のようなトーク—酒飲み人生を長く続けていると、不感症ともいうべき精神状態に陥ることがある。

 そんなとき、スギナミが処方箋としているのは休肝ではなく、飲みの場を地方都市に求める“旅打ち”だ。聞けば、今年も札幌・ススキノで氷の女王が選出されたという。僕は機上の人となった。

パラパラと舞い散る雪が繁華街のネオンに照らされる。ススキノならではの幻想的な光景

◆今年の氷の女王は同一店舗から選出

 800m四方のエリアに、碁盤の目のように飲食店がひしめく札幌・ススキノは、中洲、歌舞伎町と並ぶ日本三大歓楽街。冬季は街全体が雪化粧され、夜遊び気分が否応なしに高まってくる。

 街中に鳴り響く、ぼったくり警告など意に介せずといった具合に、ひっきりなしに客引きが声をかけてくるがすべてスルー。まずは旅の目的のひとつである「氷の女王」に会うため、ニュークラブへと向かう。

 ススキノでは毎年「ススキノアイスワールド」という氷像の展示イベントが開催される。そのイメージガールとして、ススキノで働く数千人のクラブホステスの中から2人、「氷の女王」が選出されるという仕組みだ。

 今年選ばれたのは「クラブ・シェル」に在籍する椿ここちゃんと一ノ宮亜姫ちゃん。氷の女王のモコモコッとした雪国衣装とは打って変わって、お店ではセクシーなボディコンスタイル。透き通るような白い肌に頭がクラクラする。

外の寒さを一瞬で忘れる氷の女王2人とご対面

(写真左から)「赤ワインが大好き。最近はイエーガーにハマってます」(一ノ宮亜姫/20歳)、「誰にでも優しくて尊敬できる人がタイプ。年の差は関係ありません」(椿ここ/26歳)

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

SPA!

この連載について

初回を読む
俺の夜~記者が自腹で集めた夜遊び情報~

風俗(かぜ)を読む取材班 /SPA!編集部

夜遊びはカネもかかるし、めんどくさいーー。そんな昨今の風潮を嘆き、日本の夜を元気にするため、SPA!編集部の精鋭記者たちが立ち上がった!(毎週水曜日更新)

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード