芸能事務所の女子寮の寮母さんになりました

昨年まで妻と二人でフランスで結婚生活を送っていた牧村さんですが、今年日本に戻ってきてからは芸能事務所の女子寮で暮らしているそうです。華やかな女子寮生活かと思いきや、きゃっきゃしている人の輪に入るのが苦手だと言う牧村さん。寮母さんとして全員分のご飯を作りながら、牧村さんが人との関わり方について考えます。

「ダブルベッドの部屋を用意するんで」

マネージャーは私に、こともなげにそう言った。

芸能事務所に所属して5年、妻と出会って4年になる。
つまりは、わりと所属したての頃に妻と出会って恋に落ちたのだが、それを事務所に言う勇気はなかった。

当時の私はこう思っていた。

(私が同性愛者だと知られたら、私は事務所をクビになる。共演アイドルやそのファンからも警戒されるし、シェアハウスの女子部屋にも居場所がなくなる。つまりは、終わる。私は終わるんだ。私は、私の大好きな女の子たちに、キモがられ距離を置かれ警戒される存在として日陰で生きていくほかなくなるんだ……)

そう思い込んで怯えきっていた2011年のことを思うと、私には、2016年にマネージャーが言ってくれたことが夢のように思えた。

2016年現在、私は、芸能事務所の女子寮で寮母をしている。

寮オープンにあたり、事務所は、妻と私が住むための部屋を用意してくれた。
しかも、ダブルベッドの。

そのうえ、同じ寮には女優さんふたりと、アイドルからアーティストへ羽化していこうとしている女の子ひとりも住んでいる。それぞれが自分の寝室を持っており、リビングと倉庫と水回りだけが共用というかたちである。

みんな—女の子の親御さんも含めて—妻と私の関係を知っており、寮の本棚には妻と私が登場するマンガ『同居人の美少女がレズビアンだった件。』やら、私の新刊『同性愛は「病気」なの? 僕たちを振り分けた 世界の「同性愛診断法」クロニクル』なんかも堂々と並んでいる。

私は思う。

やばくね?

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
ハッピーエンドに殺されない

牧村朝子

性のことは、人生のこと。フランスでの国際同性結婚や、アメリカでのLGBTsコミュニティ取材などを経て、愛と性のことについて書き続ける文筆家の牧村朝子さんが、cakes読者のみなさんからの投稿に答えます。2014年から、200件を超える...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

3dRikka 「お互いに傷つけ合うことで、お互いの痛みを忘れられるならば、私は、傷つけ合いたいと思うんです。」つよい。私はこわくてそう思えない 3年以上前 replyretweetfavorite

makimuuuuuu 【エッセイ】 https://t.co/AzksI4JCSo 夜なので、明るげなタイトルの明るくないエッセイ置いておきます https://t.co/16d63vORex 3年以上前 replyretweetfavorite

MinamiYoshifumi 好きな話です。で読めます。 3年以上前 replyretweetfavorite

AmataniH 「そういう私の幸せを、5年前の私が鼻ほじりながら見ている。」 3年以上前 replyretweetfavorite