1989年のテレビっ子

ダウンタウンが号泣した1989年

1989年は『オレたちひょうきん族』が終わり『ガキの使いやあらへんで!!』が始まった年。「てれびのスキマ」こと戸部田誠さんによる新刊『1989年のテレビっ子』は、“テレビが変わった”1989年を軸に、多くの芸人などの青春時代を膨大な資料から活写した青春群像劇です。 この年、大阪から2人の天才芸人が上京してきました。浜田雅功と松本人志、ご存知ダウンタウン。多くの理解者とファンがいる住み慣れた大阪を離れることは、2人にとって重大な決意でした。ただ、東京には、テレビの新たな時代を切り拓かんとするテレビマンたちがいました――。

「俺の居場所はどこに今度あるんやろか?」

 1989年9月29日。

 ダウンタウンは2人揃って泣いていた。

 その日、『4時ですよ~だ』(毎日放送)が最終回を迎えた。ダウンタウンが大阪で〝天下〟を獲った番組である。

 この番組の終わりは、ダウンタウンの東京進出の始まりを意味していた。

 今田耕司に呼び込まれ、心斎橋筋2丁目劇場のスタジオに入った時には既に2人の目には涙が光っていた。

 会場につめかけたほとんど全ての若い女性客も泣きながら歓声をあげていた。

 大号泣。

 そんな形容が過剰でないほど、あのダウンタウンが人目も憚らず泣きじゃくっていたのだ。

「ありがとーう!」

 会場に、テレビの先の視聴者に向け、2人は声をからしながら恥ずかしげもなく叫んだ。

「うん、そうや、終わろう。これ以上やっててもしょうがない。おんなじことの繰り返しやな」

 松本は自分にそう言い聞かすようにつぶやきながら、その日を迎えようとしていた。

 いよいよ自分たちのホームグラウンドである『4時ですよ~だ』を終わらせ、次のステップへ進む時が来たのだ、と。

 その頃には、ダウンタウンは多忙を極めていた。『4時ですよ~だ』を始めとする大阪でのレギュラー番組に加え、『夢で逢えたら』など東京での仕事も数多く舞い込んでいた。もうダウンタウンの人気と才能を大阪でとどめておくことはできなくなっていた。

「ところが明日が最終回ぐらいになった時に、こう、ものすごい寂しさがあって。うーん……。『うん……終わる? 終わるのか? ほんまに』って(笑)」

 他の大阪のレギュラー番組も既に〝整理を終えていた。だから、『4時ですよ~だ』が終わった翌日になればもう東京に行かなければならない。支えてくれてきたスタッフや後輩たちとも別々の道を進まなくてはならない。

「ちょっと話あんねんけど」

 そんな風にナーバスになっていた松本に追い打ちを掛けるように浜田が声をかけた。

「結婚すんねん」

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

たけし、さんま、タモリ、加トケン、紳助、とんねるず、ウンナン、ダウンタウン……テレビっ子の青春期

この連載について

初回を読む
1989年のテレビっ子

てれびのスキマ(戸部田誠)

1989年は『オレたちひょうきん族』が終わり『ガキの使いやあらへんで!!』が始まった年。『ザ・ベストテン』が裏番組の『みなさんのおかげです』に追い落とされた年。“テレビが変わった”1989年を機軸に、お笑い第三世代ほか、多くの芸人とテ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

zetial この無料公開部分にもありますが、「1989年のテレビっ子」で驚かされた事実のひとつが、「夢で逢えたら」の放送開始日が、「とんねるずのみなさんのおかげです」レギュラー放送開始日と同じ日だったこと! 1年以上前 replyretweetfavorite

sizukanarudon てれびのスキマ(戸部田誠)@u5u https://t.co/QoUyPEWgAq 4時ですよ~だ 最終回SP https://t.co/k0Kjiku1Ro 1年以上前 replyretweetfavorite

take_weight https://t.co/wdXFkPOc1f 1年以上前 replyretweetfavorite