新しい図書館」戦争

第5回】全国に広がる新しい図書館③/岡山県立図書館

公共図書館といえば、ひたすら静かに本を読むか、あるいは学生が勉強に使う場所。そんな常識はもう古い。さまざまな目的で訪れる老若男女の、それぞれのニーズに応える場に変貌している。

新刊の7割を購入
読書環境の改善に真面目に取り組む

岡山県立図書館
岡山市北区丸の内2丁目6-30

 47の都道府県立図書館の中で来館者数、個人貸出冊数、購入冊数で3冠を誇る図書館。それが、岡山県立図書館である。

 2014年度、来館者数104万8799人は開館以来10年連続で全国1位。2位の山梨県(約91万人)、3位の大阪府(約75万人)を大きく引き離す。個人貸出冊数144万0900冊は、2位の大阪府(約90万冊)、全国平均(約39万冊)と比較して、ダントツである。

岡山県庁の真向かいに立つ。隣に岡山城、その奥に岡山後楽園、岡山県立博物館があり、散策も楽しめる。Photo by R.M.

 そして、特筆すべきは豊富な蔵書だ。開館10年で蔵書数126万冊は全国7位だが、14年度新規の購入冊数は全国1位の4万6252冊。その年に出た新刊図書は、一般図書では約7割を、児童書はなんと全てを購入している。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド

この連載について

初回を読む
新しい図書館」戦争

週刊ダイヤモンド

公共図書館の在り方が問われている。独自の手法で注目を浴びてきたTSUTAYA流の図書館に一転、批判が集まる一方、それぞれの個性で地元に支持される図書館もある。

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

3839Ay 「開館10年で蔵書数126万冊は全国7位だが、14年度新規の購入冊数は全国1位の4万6252冊。その年に出た新刊図書は、一般図書では約7割を、児童書はなんと全てを購入している。」 https://t.co/yNuv32w4Rb 約1年前 replyretweetfavorite