保坂和志 前編「死はどうしても大きくて、それ以前をつい見過ごしてしまうもの」

芥川賞、谷崎潤一郎賞、野間文芸賞など数々の受賞を遂げ、現代文学の旗手として高く評価されている保坂和志さん。考えることと書くことを探求する保坂さんが、絵本『チャーちゃん』を上梓しました。大の猫好きである保坂和志さんが、死んだ愛猫を語り手に、どのようにしてこの作品を書き上げたのでしょうか。前後編でお届けします。

最初は、意外な感じがした。違和感、といってもいいくらいだった。保坂和志さんが絵本を書くなんて、いったいどんな心境の動きがあったのかと。

いや、絵本づくりを手がける小説家は数多くいて、行為自体が新奇なわけじゃない。けれど保坂さんの場合ふだん、深く、丹念に、登場人物の考えの道筋をたどっていく。または、視覚の動きそのものを言葉で書き記していくことを試みる。そうした「考える」や「書く」の探究を、これまでの作品で為してきたのだと思っていた。文章自体が短く、「考える」や「書く」を突き詰めるというより先にビジュアルで訴えかけようとする絵本という形態と、これまでの保坂作品とは、かなり遠い位置にある気がした。

でも一読して、それは思い込みだったとわかった。保坂さんの文章、画家・小沢さかえさんの絵による『チャーちゃん』は、直接脳に響いてくるような、絵本ならではの読み味に満ちたものだった。一気に読み通せる勢いのよさと、ページをいったりきたり、何度も目を通したくなる中毒性もある。

チャーちゃん (福音館の単行本)
『チャーちゃん』保坂和志

つまりは、絵本らしさがしっかりとある。ただし内容としては、生と死のことが、正面から扱われていて、そのあたりはなんとも保坂作品らしい。

死んだらどうなってしまうんだろう。幼少のころに初めてそんな思いを抱いて、怖くて眠れなくなった時期があった。その答えはおとなになっても見つからないままだけど、『チャーちゃん』を読むと、その糸口がつかめそうな気がした。長年の疑問の答えがここにあるのではと、驚かされた。

自分が死んだらどうなるか、考えたことがない


ぼく、チャーちゃん。

はっきり言って、いま死んでます。

『チャーちゃん』より

 読んだ感想はほんとうにいろいろなんです。そうやって自分の死のことを考える人もいるし、過去に飼っていた猫や犬のことを思い出す人、もう亡くなっただれかに気持ちがいく人も。

と保坂さん。そう、チャーちゃんというのは、かつて保坂さんが飼っていて、若くしてこの世を去った愛猫の名前。「はっきり言って、いま死んでます」とみずから宣言するチャーちゃんが、いまどのように過ごしているのかを描いている。ともに暮らしていて、すでにこの世にはいない猫や犬がいる人は、そこに思いを馳せるのも当然だ。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

「ぼく、チャーちゃん。はっきり言って、いま死んでます」

この連載について

初回を読む
文学者の肖像

山内宏泰

文学とは、なんなのか。文学者たちは今をどうとらえ、いかに作品に結実しているのか。言葉に向き合う若き作家たちの「顔が見える」インタビューシリーズです。

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

gururino_koto https://t.co/Ht24hbyhLs 保坂和志さんはじめての絵本『チャーちゃん』(福音館書店刊)について、語る前編。これインタビュアーがすごくじょうず。 1年以上前 replyretweetfavorite

Fukuinkan_PR 「はっきり言って、いま死んでます」。1匹の猫の死後の世界を描いた絵本『チャーちゃん』を、保坂和志さんはどのようにして書き上げたのか。インタビューです。 https://t.co/BVRjzB3I0M 1年以上前 replyretweetfavorite

houkipino 絵本『チャーちゃん』。大の猫好きである保坂和志さんが、死んだ愛猫を語り手に、どのようにしてこの作品を書き上げたのでしょうか… 1年以上前 replyretweetfavorite

onny7700 チャーちゃん。まだ読んでなかったけど、私はやっぱり保坂さん好きだ。この話は海神別荘とつながりそうだな。土曜日楽しみ。 1年以上前 replyretweetfavorite