24時間芸術のことを考えられるかどうか|青木涼子(能アーティスト)〈後編〉

能と現代音楽を組み合わせた新しい作品を世に送り出している、能アーティストの青木涼子さん。近年は、海外での公演もさかんにおこない、大喝采を浴びています。能という伝統芸能の世界と、海外の芸術・エンターテインメントの世界。両方を生き抜く術とは? また、青木さんが芸大の卒業生を見ていて思う、「やりたいことで生きていく」という夢をかなえるポイントとは。

photo by Motonobu Okada ©SEIN / SIGMA Corporation


外では意見を言わないと、存在しないのと同じ

—青木さんは昨年、文化庁の文化交流使に任命され、アイルランドやパリ、ベルリン、ブダペスト、ケルンなど海外でたくさんの公演をされたと聞いています。海外で能×現代音楽の公演をすると、どういう反応があるんでしょうか。

 おそらく能の舞台を普通にやると、言葉がわからないこともあり、なかなか理解が難しいと思うんです。でも、私の場合は現代音楽のコンサートとして公演をしているので、一つの新しい音楽として、抵抗なく受け入れられていると感じます。ヨーロッパでは、オペラハウスでもよく現代音楽の舞台がかかっているんです。現代音楽はジャンルのひとつとして確立されているんですよね。私の謡(うたい)の声はソプラノでもないし、西洋音楽の文脈からすると明らかに異質なもの。それを、新しい響きとして楽しんでもらえているのかなと思います。

 今年は、私のために書かれた新作オペラ2作の上演が予定されています。馬場法子作曲《Nopera AOI葵上》とフランス人作曲家のオレリアン・デュモンによる《秘密の閨》です。《Nopera AOI葵上》は、能の演目である、源氏物語の「葵上」をベースにしたもので、パリなどフランス各地で上演します。《秘密の閨》は、能の「安達原」からインスパイアされたモノオペラ(登場人物が一人のオペラ)で、あいちトリエンナーレで世界初演します。自分のための新作オペラをつくるのはずっとやりたかったこと。演じるのがとても楽しみです。

—海外の公演は、日本の公演とどう違いますか?

 海外公演はいつも戦いですね(笑)。日本とくらべて、お膳立てされていないことが多いですから。音響が悪かったり、レクチャーのスライドが表示されなかったり、床が汚かったり……。もちろん、そうじゃない環境のときもありますが、どんな事態も起こりうると覚悟しています。アウェイの環境でいいパフォーマンスをするためには、自分なりのモチベーションを保つポイントを見つけることが必要です。それは、ちゃんと対価が支払われることかもしれないし、お客さんにあたたかく迎えられることかもしれないし、メディアに取り上げられることかもしれないし、演出家に自分の意見が通ることかもしれない。「これがあったら私はがんばれる」ということを、見つけておくようにしています。

—海外で活動してみて、カルチャーショックはありましたか?

 それは、ロンドンの大学院に留学してたころからありましたね。日本というか、能の世界では先生や家元の言うことに対して疑問をいだいてはいけなかったんです。言われたことにはとにかく、「はい」と答えて従う。「こういうことをやってみたいな」と考えていても、若いうちは黙っていることが正しい態度だった。留学で一番困ったのは、自分の意見を言うのが難しいことでした。能の世界の人間としては、自分は意見を持っている方だと思っていたのですが、それでもイギリスの大学院生とは全然違った。彼らはなんでもよいから発言します。日本人は間違ったことを言ってはいけないとか、正しいことを言おうとか熟慮しているうちに置いていかれています。

 意見を言わないのは存在しないのと同じ。これは海外でアーティスト活動をしている今も、強く思います。海外では言ったもの勝ちのところがあって、「そんなこと言っていいの?」という主張まで気がついたら通っている。何も意見を言わない人は、他の人の都合に振り回されるばかりです。さらに日本人というだけで、いい人だと思われているんですよね(笑)。

—そうなんですか! それはいいことなのかわるいことなのか……。

 だから、何でも言うことを聞くお人形ではない、ということは態度で示していかなければいけません。ヨーロッパでついてくれているマネージャーには、「日本から来ためずらしい芸能をやってる人、と見られて安く使われないようにしなさい」と言われました。自ら能アーティストとしての立場を確立して価値を付けていかないと、あちらの土壌で消費されてしまう、と。それからは自分がヨーロッパで何をしたいのか積極的に発信するよう、意識しています。

 この海外で自分をアピールするモードと、日本で働くモードを切り替えるのが大変ですね。意見を言うモードのままだと、日本では仕事がスムーズに進みません。だから日本にいる時は極力、やわらかい人になろうとしています。

photo by Hiroaki Seo

壁は乗り越えず、するっと迂回する

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
規格ハズレの履歴書たち

Tokyo Work Design Week

「自分らしい働きかたって?」「未来の自分、どんな仕事してる?」「仕事の武器って何?」――そんな疑問を持つすべての人にお送りする、「最高にワクワクする仕事」を見つけた先駆者たちのインタビュー。“新しい働きかた”をテーマとする国内最大級の...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

hykw_NF やりたいことをやって生きている人とそうでない人。その違いは?→ 約1年前 replyretweetfavorite

hykw_NF 早川書房企画「規格ハズレの履歴書たち」最新投稿はコチラ 約1年前 replyretweetfavorite

hasex 「なりたい」じゃなくて「やりたい」が大事で「やりたいこと→実現できる道を探す」の順序。 約1年前 replyretweetfavorite

yaiask 能アーティストの青木涼子さんのインタビュー、後編です。「やりたいこと」で食っていけるかどうかを決めるのは、それが本当にやりたいかどうかだけ、というのは本当にそうだなと思いました。 約1年前 replyretweetfavorite