身体を巡る冒険

視力を失って8年、鍼と合気道で身体を研ぎ澄ます日々。

全盲者である難波創太さんは、事故にあって視力を失いました。それから8年、リハビリを続け、鍼灸師を生業としながら、合気道で身体を研ぎ澄ます日々だそうです。
障害について身体論的にアプローチしている美学の研究者・伊藤亜紗さんと、中途失明の全盲者である難波創太さんのコンビ連載です。

左:伊藤さん。障害を身体論的にアプローチする美学研究者。一児のお母さんでもある。
右:難波さん。中途失明の全盲者で鍼灸師。薬膳研究や合気道など幅広く活動している。
下:モナミちゃん。難波さんのパートナーをつとめる盲導犬。治療院「るくぜん」看板娘。

難波さんの進化

— 視覚を失って8年経つ難波さんがマタギ※のようになるまでには、いろいろあったのだと思います。きっかけになった事故のことを伺えますか?

※マタギ:東北地方の山間部に居住し、集団でくま、しかなど大型動物の狩りをする人々。

難波 マタギって(笑)。そこまでまだ進化してないですよ〜。

伊藤 私が事故の話を聞いた時は、意識がない間に見ていた夢の話をしてくれましたよね。ラーメンズのライブに行っていたって(笑)。

難波 お笑いを突き詰めすぎて整形までしたラーメンズの夢でね。

— ラーメンズってあのお笑いコンビのラーメンズですか?

難波 そうそう。コバケン(小林賢太郎)が片桐(片桐仁)の顔そっくりに整形して片桐を驚かせる写真集とかまで出してるんですよ。
 それで僕も友達に誘われてライブを観に行くんだけど、観客席はベッドがビッシリ並べられてて、みんな同じ顔に整形されてました。整形しないと観れないルールだったようで。

(一同笑)

難波 でも僕を誘った友達は、ちょっと違う整形をされてた。それで僕が、「お前だけ違うのかよ! ずるいじゃん!」ってツッコむという。

伊藤 シュール。でも、現実に事故で顔面を怪我した状況で、整形される夢を見るって、半分は夢じゃないよね。でもそんな状況がお笑いになってるのが難波さんらしい(笑)。

— 意識が戻ってからはどうでしたか?

難波 意識が戻っても全身包帯グルグルで手足を動かせなくてね。なんにも見えないから眼も包帯されていると思ってました。
 だけどある日、顔を触ったら包帯してないじゃんって気づいて、目が見えなくなったことがわかったんだよね。

伊藤 ショック?

難波 そのうち治るだろうってのん気に構えてたら、退院する時はじめて医者にもう一生治らないよって宣告されてね。頭の中真っ白……っていうか真っ暗(笑)?

伊藤 あははは……って難波さんの話はついおもしろいから笑っちゃうけど、現実には超大変な状況だよね。

難波 ベッドで頭抱えてたら、「難波さんリハビリの時間ですよ〜」って言われてね。ああまだ僕はやれることがあるんだってね、リハビリにすがりました。

伊藤 すがるんですか?

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
身体を巡る冒険

難波創太 /伊藤亜紗

昨年、新書『目の見えない人は世界をどう見ているのか』を上梓し、“目の見える世界”の「当たり前」を解体してみせた美学の研究者で、障害について身体論的にアプローチしている伊藤亜紗さんと、中途失明の全盲者である難波創太さんの連載「身体を巡る...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

consaba 伊藤亜紗+難波創太  4年以上前 replyretweetfavorite

ocdra66 この話すごく興味深い 4年以上前 replyretweetfavorite

KeKKero  すげーな…。そして合気道とスピリチュアル的なものの近さがまたアレなんだよねー。ちょっとバランス崩すと水からの伝言が聞こえる感じの。ヨガも似た位置ですぐ宇宙と一体化だし 4年以上前 replyretweetfavorite