幸せになる勇気

くじかれた勇気。青年は悩み、再び哲人を訪ねる。

あの雪の夜から3年、教師になった青年は再び、哲人のもとを訪れます。「アドラーを捨てる」という、思ってもみなかった決意を胸にして。本当に「世界はシンプルであり、人生もまたシンプル」なのか。それとも「アドラー心理学」は現実社会では役立たない机上の空論なのか? 100万部を突破したベストセラー『嫌われる勇気』の待望の続編『幸せになる勇気』を、発売に先駆けて、特別掲載いたします。

 それはもっと、明るく友好的な訪問になるはずだった。「次の機会があったときには、もはや論破などとは言わず、かけがえのない友人のひとりとして訪ねます」。たしかにあの日の別れ際、青年はそんな言葉を口走った。しかし、3年の歳月が流れたいま、彼はまったく違った目的を持って、この男の書斎を訪ねている。青年は、これから自分が打ち明けようとしていることの重大さに身を震わせ、どこから話すべきか、いまだ見当がつかなかった。

哲人 さあ、話していただけませんか?

青年 わかりました。どうしてわたしが再びこの書斎をお訪ねしたのか、ですね。残念ながら、先生とのんびり旧交をあたためようってわけじゃありません。先生もお忙しいでしょうし、わたしだって暇をもてあますような身分ではない。当然、火急の用件あっての再訪です。

哲人 もちろんそうでしょう。

青年 わたしも考えました。十分すぎるほど悩み、苦しみ、考え抜きました。その上で、重大な決意を固め、それをお伝えしにきたわけです。お忙しいとは思いますが、今宵だけはわたしのために時間をください。おそらく、これが最後の訪問になるのですから。

哲人 なにがあったのでしょう?

青年 ……おわかりになりませんか? わたしが苦しみ抜いてきた課題。それは「アドラーを捨てるか否か」ですよ。

哲人 ほう。

青年 結論から申し上げると、アドラーの思想はペテンです。とんだペテンです。いや、それどころか、害悪をもたらす危険思想と言わざるをえません。先生が勝手に信奉する分には自由ですが、できれば金輪際、口をつぐんでいただきたい。その思いを胸に、そしてあくまでもあなたの目の前でアドラーを打ち捨てるべく、今宵最後の訪問を決意したのです。

哲人 なにか契機となる出来事があったのですね?

青年 冷静に、順を追ってお話しします。まずは3年前、あの、わたしが先生と別れた最後の日のことは覚えていますか?

哲人 もちろんです。白銀の雪が降りしきる、冬の日でした。

青年 そう。満月の美しい、青い夜でしたよ。アドラーの思想に感化されたわたしは、あの日を境に大きな一歩を踏み出しました。つまり、それまで働いていた大学図書館を辞め、母校の中学校で教師の職を得たのです。アドラーの思想に基づく教育を実践し、ひとりでも多くの子どもたちに光を届けよう、と。

哲人 すばらしい決心ではありませんか。

青年 ええ。当時のわたしは理想に燃えていました。こんなにすばらしい、世界を一変しうる思想を自分ひとりの胸に秘めていてはいけない。もっと多くの人に伝えなければならない。じゃあ、誰に伝えるのか? ……結論はひとつです。アドラーを知るべき人間は、薄汚れてしまった大人たちではない。次代をつくる子どもたちに届けてこそ、その思想は前に進むのだ。それがわたしに課せられた使命なのだ。……そんなふうに、火傷しそうなほど燃えさかっていました。

哲人 なるほど。あくまでも、過去形で語られるのですね?

青年 そのとおり、もはや完全に過去の話です。いや、誤解しないでください。生徒たちに失望したのではありません。ましてや教育そのものに失望し、あきらめたわけでもない。わたしはただ、アドラーに失望し、つまりはあなたに失望したのです。

哲人 なぜでしょう?

青年 はっ、そんなものご自分の胸に手をあてて聞いてみることですね! アドラーの思想は、現実社会ではなんの役にも立たない、机上の空論でしかないのですよ! 特に、そこに掲げられた「ほめてはいけない、𠮟ってもいけない」という教育方針。断っておきますがね、わたしは律儀に守りましたよ。ほめることもしなかったし、𠮟ることもしなかった。試験で満点をとってもほめず、きれいに掃除をしてもほめない。宿題を忘れても𠮟らないし、授業中に騒いでも𠮟らない。その結果、なにが起こったと思いますか?

哲人 ……教室が荒れてしまったわけですね?

青年 まさに。まあ、いまになって考えれば当然のことです。安っぽいペテンに引っかかった、わたしが悪かったのです。

哲人 それであなたは、どうされたのですか?

青年 言うまでもありません。悪さをする生徒に対し、強く𠮟る道を選びました。もちろん先生は、それを安直にして愚かな解決策だと断ずるのでしょう。しかしですね、わたしは哲学にかまけて空想にふける人間ではない。現実を生き、現場を預かり、生徒たちの命と人生を預かる、教育者なのです。しかも、目の前にある「現実」は、一瞬たりとも待ってくれず、刻々と動いている! 手をこまねいているわけにはいかないのです!

哲人 効果のほどはいかがです?

青年 無論、いまさら𠮟ったところで、どうにもなりません。もう、わたしのことを「気の弱いやつだ」と見くびっていますからね。……正直なところを申し上げれば、体罰が許された時代の教師たちを羨ましく思うことさえありますよ。

哲人 おだやかではありませんね。

青年 誤解のないよう申し添えておくと、わたしは激情に駆られて「怒って」いるのではありません。理性に基づき、教育の最終手段として、「𠮟って」いるだけです。いわば、𠮟責という名の抗生物質を処方しているのです。

哲人 それで、アドラーを捨てたくなった、と?

青年 まあ、これはわかりやすい一例に過ぎませんがね。たしかにアドラーの思想はすばらしい。価値観を揺さぶられ、曇っていた空が開け、人生が変わったような気にさせられる。非の打ち所がない、世界の真理にさえ思える。……しかしですね、それが通じるのも「この書斎」のなかだけなのですよ! この扉を開け放ち、現実の世界に飛び出していったとき、アドラーの思想はあまりにナイーヴすぎる。とても実用に耐えうる議論ではなく、空虚な理想論でしかない。あなたはこの書斎で、自分に都合のいい世界をこしらえ、空想にふけっているだけだ。ほんとうの世界を、有象無象が生きる世界を、なにもご存じない!

哲人 なるほど。……それで?

青年 ほめることもせず、𠮟ることもしない教育。自主性の名の下に、生徒たちを野放しにする教育。そんなものは教育者としての職務を放棄しているにすぎない! わたしは今後、アドラーとは違ったやり方で子どもたちと向かい合います。それが「正しい」のかどうかは、どうでもいい。でも、そうせざるをえないのです。ほめることもするし、𠮟ることもする。当然、厳しい罰を与えることもしなくてはならない。

哲人 確認ですが、教育者であることは辞めないのですね?

青年 もちろんです。わたしが教育者の道を捨てることは、ぜったいにありえません。これは自分で選んだ道であり、職業ではなく「生き方」なのですから。

哲人 それを聞いて安心しました。

青年 他人事のつもりですか!? もしも教育者であり続けるのだとすれば、わたしはここでアドラーを捨てなきゃならんのです! さもなくば、教育者の責任を放棄して生徒たちを見捨てることになる。……さあ、これはあなたの喉元にも突きつけられた刃だ。どうお答えになります!?

次回は2月19日(金)更新予定

『嫌われる勇気』は、cakesでもこちらからお楽しみいただけます。


人生を再選択せよ!ーー100万部のベストセラー『嫌われる勇気』の続編、ついに登場!

幸せになる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教えII

--- - "岸見 一郎" - "古賀 史健"
ダイヤモンド社
2016-02-26

この連載について

幸せになる勇気

岸見一郎 /古賀史健

『嫌われる勇気』から3年後、教師になった青年は再び、哲人のもとを訪ねる。「アドラーを捨てる」という、思ってもみなかった決意を胸にして。本当に「世界はシンプルであり、人生もまたシンプル」なのか。それとも「アドラー心理学」は現...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

vOFuaQwepMI1rGU けっこう売れているらしい‼ 3年以上前 replyretweetfavorite

mihokomidori 『嫌われる勇気』岸見一郎 / 古賀史健の続編『幸せになる勇気』が発売に先駆けて、特別掲載!  おもしろ過ぎ~~~ https://t.co/ktfPYOyK8Y 4年弱前 replyretweetfavorite

namakemono0080 待ってた続編。 青年の理解が浅くて驚く。 4年弱前 replyretweetfavorite

milia0905 「嫌われる勇気」の続編、「幸せになる勇気」今回も青年がムカムカさせてくれますw この青年のむかつきやいらつきは、私たちの「代弁」なんですよね…。 4年弱前 replyretweetfavorite