猟奇殺人鬼に堕ちた救国の英雄!? 青髭ジル・ド・レ【後篇】

ジャンヌ・ダルクの片腕として、フランスの歴史に確かな足跡を残した「救国の英雄」ジル・ド・レ。王家を越える財産・領土を有し、輝かしい美貌にも恵まれた彼が、なぜ少年に対する猟奇殺人鬼になったのか!? ジルが抱えていた心の闇とは!?
劉邦の宦官』や『九度山秘録』で話題の、新進気鋭の歴史小説家・黒澤はゆまが、歴史のなかの美少年を追って世界中を飛び回る人気コラム!

乙女ジャンヌ・ダルクの奇跡

ジャンヌ・ダルクは、王太子シャルル7世とジル・ド・レをはじめとする満座の騎士たちの前で、「オルレアンを解放し、ランスで王太子様を王位へつけてごらんにいれます」と宣言しました。そして、フランスのこれ以上ないという窮地が、神の声が聞こえるという以外、何の実績も後ろ盾もない妖しげな少女に、国家の全ての運命を託すことになるのです。

ただ、反発するものも当然出てくるわけで、王太子の側近をつとめていた従兄弟から、ジルはジャンヌのお目付け役を仰せつかります。これが聖なる少女ジャンヌと聖なる怪物ジル、双方の運命を結びつけるきっかけとなるのです。

1429年5月、オルレアンへジャンヌとともに入城したジルは、この少女が大変なかんしゃく持ちであることを知りました。

ジャンヌを総大将とする援軍は、オルレアンの守将デュノワ伯によって、イギリス軍の哨戒線に引っかからないように迂回させられたのですが、戦闘に逸る少女は城門で彼に会うやいなや、

「私を遠回りさせたのはあなた!?」

と噛みついたのです。歴戦の将軍だったデュノワ伯は、小柄な少女にいきなりどやしつけられて、さぞかし目を白黒させたことでしょう。

ジャンヌは入城してからも、「さっさと砦を落とすわよ」と過激な策を主張しては、包囲網の堅固さを知る諸将を苛立たさせます。なかでも、憤怒という異名を持ち、狂犬のような男だった、ラ・イルは強く反発し、反ジャンヌの急先鋒になりました。

しかし、神の乙女と援軍の到着を知った民衆が暴発。勝手にイギリス軍の砦の一つを攻撃しはじめるという事件が発生します。ジャンヌは彼らのもとに駆けつけると、自前の旗を振って激励しました。

イギリスもジャンヌの退路を遮断しようと、軍を派遣するのですが、これは慌てて駆けつけたジルとラ・イルが撃退。そして、3時間もの激戦の末、ついにフランス軍は砦は落としました。鳴り止まぬ民衆の喝采を聞きながら、ジルは自分が確かに何かが生まれ、始まろうとしている現場に立っていることを知りました。

(こんな小さな少女が)

ジャンヌは髪を短く刈りつめ、小さな鎧をつけていました。そのため、流血も乾かぬ戦場にあって、神への祈りを捧げる乙女は、清浄無垢な少年のようにも見えるのでした。

綺麗なおっぱいだったジャンヌ・ダルク!?
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載が本になります!英雄と美少年の物語をこちらからどうぞ

なぜ闘う男は少年が好きなのか

黒澤 はゆま
ベストセラーズ
2017-03-18

この連載について

初回を読む
なぜ闘う男は少年が好きなのか?

黒澤はゆま

洋の東西を問わず、戦乱の時代に決まって栄えた<少年愛>。死を賭して戦う英雄の側近くに控える、あるいは金髪の、あるいはブラウンの、あるいは黒髪の少年たち――。戦士は少年に何を求め、少年は戦士に何を答えたのか。時に英雄を生むこともあった、...もっと読む

この連載の人気記事

関連キーワード

コメント

hayumakurosawa cakesさん記事更新しました。ウートピさんにも書きましたが、ジャンヌ・ダルクは本当に魅力的なキャラクター。彼女のために英雄となり、そして猟奇殺人鬼へ堕ちたジル・ド・レの生涯をお読みください。 https://t.co/uWqYkgVF5X 4年弱前 replyretweetfavorite

rosebourbon でも子供の頃に1番最初に読むことになるのって新妻を殺す青髭なんだよね。今となってはイメージ違い過ぎて。最初読んだ時は凄い怖い話だったのになぁ。 4年弱前 replyretweetfavorite

jhanagata そのとき、彼は何を見つめていたのか…。 4年弱前 replyretweetfavorite