清原のスキャンダルは日本の過酷な自己責任論の象徴である

日本中を驚かせた元プロ野球選手・清原和博の覚せい剤逮捕。いまだに連日報道が続いておりますが、May_Romaさんはその報道姿勢に疑問を感じているそうです。麻薬大国であるイギリスから見た清原のスキャンダルについて書いていただきました。

元野球選手の清原氏が覚醒剤使用のネタのインパクトが強すぎて、小保方告白本ネタなどの記憶がすっかりぶち飛んだ感がありますが、みなさんいかがお過ごしでしょうか?

さて清原氏の報道に関して気になっていることがあります。それは日本のメディアでは依存症を「ビョーキ」だとは捉えていないことです。

悪いのは依存する人間。依存する人間の心が弱いのが悪い。支えない家族が悪い。悪いんだから自分で直せ。依存するのは犯罪。

報道からはそんなメッセージが伝わってきませんか。そういう報道を批判する人も、異なる意見を発表する人もいません。

依存した人間を懲罰的に叩き、自己責任という名前で過酷な状況であっても助けない。この傾向は、生活保護叩きに似ています。貧困に陥るのは自分が悪い。自分が悪いのだから助ける必要などない、という。

こういう過酷な自己責任の押し付けは、奨学金の返済に苦しむ若い人、ブラック企業に就職した人を助けないこと、失業した人を助けないこと、非正規雇用の人をゴミのように扱うこと、ベビーカーを押す母親を叩くこととも似ています。自分が就職したのが悪い、自分が借りたのが悪い、自分が混んでいる電車の中で移動するのが悪い。

就職せざる得なかった人、会社を訴える術を知らない人、家庭の事情で借りざる得なかった人、仕方なく非正規雇用になった人らの置かれた立場、社会の変化、そういう人達に危害を加える人達、守る仕組みの不備に関しては議論しようとする人は多くはありません。

議論の多くは「非正規雇用が多くて悲惨だ」「ブラック企業に就職する学生はバカだ」と現状の嘆きや追認で終わってしまいます。改善策やどうしたら助けられるか、という前向きな提言は多くはありません。ネットの論壇も、現状を嘆くことばかりでどうするべきかには触れません。しかし残念ながらそういう記事が人気を集めます。まるで誰も解決なんかしたくないように。

優しい人が多いと「言われている」日本では、なぜこんなに過酷な自己責任追求論がまかり通るのでしょうか? それは日本人が、自分の所属する村の外の人間は、自分の敵としてみなすからです。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
世界のどこでも生きられる

May_Roma

海外居住経験、職業経験をもとに、舌鋒鋭いツイートを飛ばしまくっているネット界のご意見番・May_Romaさん。ときに厳しい言葉遣いになりながらも彼女が語るのは、狭い日本にとじこもっているひとびとに対する応援エールばかり。日本でしか生き...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

makoeditor 自己責任論で、それが執拗で醜いと考じる時は、unfaireであることの正当化が含まれている時が多い、と思う。 約1年前 replyretweetfavorite

AkikoShiragami |@May_Roma 彼女の記事はとても興味深いです。何故なら毎回必ず「深く納得する部分と、私の考えと正反対だ」と思うから。これってとてもヘルシーな記事だと思いませんか? https://t.co/EG8anRPHss 約1年前 replyretweetfavorite

alphonsepoppo https://t.co/gu 約1年前 replyretweetfavorite

golgojyusan 必読です。「ムラ」に関係ない、寧ろ縄張りを侵すヒトの個体/群れを排除する保存本能を優先する北東アジアの沖合いのヒトです。 1年以上前 replyretweetfavorite