岩井俊二 前編「映画も小説も、一本の糸が途切れたら終わり」

『Love Letter』『リリイ・シュシュのすべて』『花とアリス』などの作品で知られる映画監督であり、小説家の岩井俊二さん。映像、文章、音楽など、さまざまなジャンルで表現に携わる岩井さんが手がけた『リップヴァンウィンクルの花嫁』は、映画と小説、異なるふたつの形で実現することになりました。映画と小説、つくり方や成り立ち方はまったくの別モノだと語る岩井さん。それぞれに「ものづくり」をするうえでの共通点についてお話を伺いました。

映画も小説も一本の細い糸を追いかける


「奇想天外の方が面白いんですって。人生なんてね」
「奇想天外過ぎです、安室さん!」

『リップヴァンウィンクルの花嫁』より

同じタイトル、同じテーマを扱ったふたつの作品がこのたび誕生した。『リップヴァンウィンクルの花嫁』と題された岩井俊二さんの映画と、小説。映画の公開は3月26日からだけれど、小説のほうはすでに刊行されていて、手に取ることができる。小説を原作として映画化しているわけだが、それぞれが独立して立つ表現として成立している。

岩井さんの長編映画といえば2004年『花とアリス』、2012年『ヴァンパイア』に次ぐものとなり、新作を待ち兼ねていた人も多いはず。そんな向きには、悩みどころなのではないだろうか。先に小説を読んで、作品のストーリーをあらかじめ知ってしまっていいものかどうか。
岩井さん本人に聞いてみると、

 こちらから言えるとすれば、お好きなほうからどうぞ、ということでしょうね。小説は小説であり、映画は映画。別モノとして楽しんでもらえれば。それぞれに異なる面は必ず出てきますしね。

 たとえば、どうしても小説のほうが“完全版”になってしまうこととか。映画は上映時間の問題もあって、話の全体を描けるわけではない。今回の『リップヴァンウィンクルの花嫁』だって、小説に書いた話をフルに盛り込んだら4~5時間の映画になってしまいます。

 それに、映画では、物語をたどってもらうことが重要だとは思っていないんですよね。もっと、できるだけ五感に訴えるようと心がけてやっている。だから、先に小説を読んで話の全体像を知ったとしても、それほど影響はないんじゃないですかね。

映画と小説では、成り立ちやつくり方からして、ずいぶん違うものなのだという。

 作品内を流れる時間ひとつをとっても、小説は時間を行ったり来たりできるけれど、映画の場合、それは禁じ手。基本的に、時系列どおりに進まないといけない。始まりから最後まで、ある一定の流れで進めていく。過去を振り返る技はあるけれど、使うほどややこしく難解になってしまいます。

映画、小説、その他の表現でもそれぞれに、ルールや特性がある。その流儀に則りながらつくる。ただ、共通して意識していることはある。

 作品をまとめてくれるのは結局、一本の糸なんですね。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
文学者の肖像

山内宏泰

文学とは、なんなのか。文学者たちは今をどうとらえ、いかに作品に結実しているのか。言葉に向き合う若き作家たちの「顔が見える」インタビューシリーズです。

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

kabothomas これ、この人を「作家」として好きかどうかは別として、複数のジャンルを跨ぎ、かつ商業的な成功をおさめる人って意外といないと考えると、面白いインタビューだった。 約1年前 replyretweetfavorite

reading_photo 【cakes更新】連載「文學者の肖像:を更新。『リップヴァンウィンクルの花嫁』公開間近の岩井監督が、映画でしたいこと、小説ですべきこととは。こちらからお読みいただけます! https://t.co/kw0ZrkAgh7 約1年前 replyretweetfavorite

manaview 確かに三人称じゃないと書けない部分ってのはある。でも誰がそれ語ってるんだよってなると書き手である著者や自分を投影している人物にするとかになっていくよなあ。 約1年前 replyretweetfavorite

BrideRvw 【岩井俊二インタビュー】 岩井俊二監督がcakesの人気連載「文學者の肖像」に登場。小説家や映画監督を目指す人にも興味深い内容です。後編は2月23日更新予定。 #リップヴァンウィンクルの花嫁 #ねこかんむり #岩井俊二 https://t.co/jQ0QZnvbVO 約1年前 replyretweetfavorite