第1回 スティーブ・ジョブズに初めて出会った日本人 -- サンフランシスコ1977年4月

ふたりのスティーブ、ジョブズとウォズニアックが設立したアップルコンピューターは、1977年4月、サンフランシスコで開催されたウェストコーストコンピュータフェアに出展した。ジョブズがこだわりにこだわったベージュ色の本体の数が足りないので、ダンボールを並べて隙間をうめたブースに、立っていたのはなれないスーツを着て蝶ネクタイをしめたジョブズだった。そこに現れた日本人は何を彼と話し、どう行動したのか。

登場人物たち

スティーブ・ジョブズ 言わずと知れた、アップルコンピューターの創業者。1976年に創業し、1980年に株式上場して2億ドルの資産を手にした。その後、自分がスカウトしたジョン・スカリーにアップルコンピューターを追放されるが、1996年にアップルに復帰。iMac, iPod, iPhone などの革新的プロダクトを発表しアップルを時価総額世界一の企業にする。

水島敏雄  東京で「ESDラボラトリー」という小さな会社を営む。マイコンの技術を応用し、分析、測定のための理化学機器の開発を行うために作った会社で、ESDという名称は、 Electronics Systems Development の頭文字をとっている。東レの研究員として働いていた時代から大型コンピュータや技術計算用のミニコンに通じており、マイクロコンピュータの動向には早くから注目していた。ESDは日本初のアップルコンピューターの代理店となる。


『スティーブズ』4巻は2月12日発売です!!

この連載について

林檎の樹の下で -アップルコンピュータジャパン物語- ✕スティーブズ外伝

うめ(小沢高広・妹尾朝子) / 斎藤 由多加

ふたりのスティーブ、ジョブズとウォズニアックが設立したアップルコンピューターは、1977年4月、サンフランシスコで開催されたウェストコーストコンピュータフェアに出展した。ジョブズがこだわりにこだわったベージュ色の本体の数が足りないので...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

haphopper 「Simplicity is Ultimate Sophistication !」 ➤スティーブ・ジョブズに初めて出会った日本人 -- サンフランシスコ1977年4月| 6ヶ月前 replyretweetfavorite

nao_rinrin 今までの人生で一番買って良かったのは鉄フライパンとMac。Amigaは友達が持ってたけど手が届かなかった。懐古趣味じゃないけど、これは面白い。スティーブ・ジョブズに初めて出会った日本人 https://t.co/vGqwMaAwP5 6ヶ月前 replyretweetfavorite

takadanobuhiko これは面白い、ワクワクする。 6ヶ月前 replyretweetfavorite