新しい図書館」戦争

第4回】全国に広がる新しい図書館②/千代田区立千代田図書館

公共図書館といえば、ひたすら静かに本を読むか、あるいは学生が勉強に使う場所。そんな常識はもう古い。さまざまな目的で訪れる老若男女の、それぞれのニーズに応える場に変貌している。

昼間人口86万人
働く人と学生の街に根差した“活動の場”

千代田区立千代田図書館
東京都千代田区九段南1-2-1

 東京都千代田区は人口わずか5万4000人。それに対し、昼間人口は約86万人にもなるという、日本一昼夜の人口差が大きい区で、その多くがビジネスマンと学生だ。

 「当館は地域に根差した図書館を目指して、区民だけでなく、この86万人の方々に使っていただくことを徹底して考えた図書館です」と、千代田区立千代田図書館広報チーフの坂巻睦氏は言う。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド

この連載について

初回を読む
新しい図書館」戦争

週刊ダイヤモンド

公共図書館の在り方が問われている。独自の手法で注目を浴びてきたTSUTAYA流の図書館に一転、批判が集まる一方、それぞれの個性で地元に支持される図書館もある。

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

wackosato わ!ここぜひ行こう。 5年弱前 replyretweetfavorite