新しい図書館」戦争

第1回】図書館を核にしたまちづくり “TSUTAYA流”の限界

「これが図書館で貸し出す“本”だと思いますか?」。神奈川県海老名市議会議員の飯田英榮氏は、箱からおろし金を取り出して、掲げてみせた。

 「これが図書館で貸し出す“本”だと思いますか?」。神奈川県海老名市議会議員の飯田英榮氏は、箱からおろし金を取り出して、掲げてみせた。

 箱には『「スピードサラダおろし」つき1日分の野菜がラクラクレシピ』と書かれている。確かに発行元は主婦の友社で“書籍”の形態を取ってはいるが、借りた人は付録のおろし金を使い回すのだろうか。

 海老名市立中央図書館は2015年10月1日のリニューアルオープンを前に批判にさらされていた。改装に合わせて新規購入する予定の8343冊の選書リストから、おかしな本が次々と見つかったからだ。

 おろし金以外にも、シリコン製の鍋や眼鏡拭きなどが付録に付いた書籍、学習参考書やコミック、タレント写真集など市が定める図書選定基準の対象外の書籍、女性向けタトゥー(入れ墨)デザイン集などなど……。

 ちなみに、飯田議員が自分で試しに買ったおろし金付き書籍は15年6月発行の最新版だったが、選書リストに入っていたのは、13年発行の古いバージョン。「もう、まったく理解できない」と飯田議員はあきれ返る。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド

この連載について

新しい図書館」戦争

週刊ダイヤモンド

公共図書館の在り方が問われている。独自の手法で注目を浴びてきたTSUTAYA流の図書館に一転、批判が集まる一方、それぞれの個性で地元に支持される図書館もある。

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

jiangminjp これを思い出した。 https://t.co/Ogyt5nzXSd https://t.co/PzmBYO91Ca 1年以上前 replyretweetfavorite

mianohara 週刊ダイヤモンドによる、図書館の連載が始まった。 https://t.co/Abf7xR7lhD 3年以上前 replyretweetfavorite

wackosato これは面白い連載。やはり地元による手作り感があったほうが市民は来るよねと。 3年以上前 replyretweetfavorite

hakumei だからと言って、いまの図書館がいいとは思わないんですよ?/ 3年以上前 replyretweetfavorite