オチビサン歳時記

雪だるま 〜かつての雪だるまは、だるまの形だった!?〜

暖冬かと思いきや、あちこちで大雪が降っていますね。
豆粒町も、一面の雪。
オチビサンが、ひとりで雪をかためています。
ちょっぴりさびしいような、謎めいたお話。
雪の日の静けさが伝わってきます。

雪を丸めたりかためたりして形をつくる遊びは、昔から行われていました。小さな雪玉を作って転がし、丸く大きくして遊ぶことを「雪まろげ」と呼び、大人も子どもも楽しんだようです。例えば江戸時代前期の『源氏物語団扇画帖・朝顔巻』には、雪の降り積もる二条院で、光源氏と紫の上が、庭で遊ぶ女の子たちを見ながら話しているシーンが描かれています。着物の裾をひきずりながら、大きな丸い雪玉を作る少女たち。空にはまん丸の満月。月明かりのもとで雪遊びをするなんて、風流ですね。

こうして丸めた雪玉を二つ重ねて、現代のような雪だるまができたのかと調べても、そのような雪だるまは、昔の絵には見つかりません。代わりに、江戸時代の浮世絵には、驚くべき雪だるまが登場します。縁起物で知られる、だるまの形をしているのです。「雪だるま」という不思議な名は、ここから来ているのです。

「江戸名所道戯尽えどめいしょどうけづくし御蔵前の雪」には、大人の背丈より大きい雪のだるまが、雪の町に、圧倒的な存在感で立っています。目鼻と口は、炭で描いたのでしょうか。お腹のあたりが出っぱっているようで、男がひとり、その腹に魚とネギを置き、切れた下駄の鼻緒を直しています。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

コルク

この連載について

初回を読む
オチビサン歳時記

金田 妙 /安野モヨコ

漫画家・安野モヨコの描く1ページのカラー漫画「オチビサン」。 春はお花見。夏は海水浴。 秋はもみじ狩り。冬はみんなで"おしくらまんじゅう"。 オチビサンは毎日遊びに大忙し! 『オチビサン歳時記』では『オチビサン』に出てくる季節の言葉...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

0501Can やりたい仕事で稼げていない時に、自分の心を守る方法 https://t.co/LvcgVddr0G #牧村朝子 @makimuuuuuu #杉本彩 4年以上前 replyretweetfavorite

KimihiroSuzuki #SMAP SMAPの謝罪生放送の翌日に、中居正広が放った衝撃のひと言とは? cakes(ケイクス) https://t.co/s5D9E93SyB 4年以上前 replyretweetfavorite