​『サウルの息子』 観客を強制収容所のまっただ中へ連れていく

カンヌ国際映画祭でも話題を呼んだ、ネメシュ・ラースロー監督の『サウルの息子』。アウシュヴィッツ=ビルケナウ強制収容所の様子を生々しく描いた本作について、ブロガーの伊藤聡さんは何を感じたのか……ご一読ください。

ハンガリー出身、38歳の新人監督ネメシュ・ラースローが撮った長編デビュー作『サウルの息子』が、カンヌ国際映画祭のグランプリ*1を受賞したのは、2015年5月。その後、同作は今年に入って日本でも公開され、映画評論家の町山智浩や、ミュージシャンの宇多丸らの高い評価もあり、映画ファンのあいだで話題となっている。

舞台となるのは、1944年のポーランド。アウシュヴィッツ=ビルケナウ強制収容所で働かされる、ひとりのユダヤ人男性を追った物語である。主人公はゾンダーコマンド(特殊任務部隊)と呼ばれる役割を担わされている。収容所に到着したユダヤ人同胞をガス室へ連れていき、殺害後に死体を焼却するという、想像を絶する仕事だ。ナチスドイツによるユダヤ人殺戮がもっとも激化した終戦直前の強制収容所。主人公は、ガス室で亡くなった息子をユダヤの教義に従って埋葬したいと言い出し、周囲を困惑させる。死体はすべて焼却する決まりがあり、所内のユダヤ人が勝手な行動に出れば即射殺の可能性もあるためだ。それでも主人公は息子の埋葬にこだわり、収容所で悪戦苦闘するのであった。

「観客を強制収容所のまっただ中へ連れていきたい」*2という監督自身の言葉の通り、見る者にアウシュヴィッツを体感させる作品である。監督は、強制収容所を題材にした作品の多くが、ヒーローや生存者を中心にすえた「物語」になっている点に不満を覚えていたという。強制収容所というこの世の地獄を、わかりやすいヒーローの物語に変えてしまっては、本質を見失うと監督はいうのだ。

結果として『サウルの息子』は、物語性をできるかぎり排し、長回しを多用しながら手持ちカメラで登場人物を追う体感型の映画となった。カメラは主人公の背中にはりついて離れず、彼が収容所内を移動するなかで見える光景や、聞こえてくる音を観客へ伝えていく。この迫真のカメラワークによって、観客はまさにアウシュヴィッツの内部へと連れていかれるのだ。

さらに映像が真実味を持つのは、そのどれもが断片的で、ピントがぼやけていたり、全体像が見えなかったりする点にあるだろう。監督の意図によって、あらゆる状況はあいまいにしか提示されない。「何か確実に凄惨な状況がそこにある、しかしはっきりとは見ることができない」という演出には、アウシュヴィッツという地獄の本質が垣間見えるようである。本当の恐怖を直視することなど誰にもできない。感情を遮断する以外に、生きのびる手段はないだろう。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
およそ120分の祝祭 最新映画レビュー

伊藤聡

誰しもが名前は知っているようなメジャーな映画について、その意外な一面や思わぬ楽しみ方を綴る「およそ120分の祝祭」。ポップコーンへ手をのばしながらスクリーンに目をこらす――そんな幸福な気分で味わってほしい、ブロガーの伊藤聡さんによる連...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Yojioji 『サウルの息子』 観客を強制収容所のまっただ中へ連れていく|伊藤聡 @campintheair https://t.co/wA7FRM0Kkd 「何か確実に凄惨な状況がそこにある、しかしはっきりとは見ることができないという演出」 4年以上前 replyretweetfavorite

__comfort__ 『サウルの息子』 観客を強制収容所のまっただ中へ連れていく|伊藤聡 @campintheair https://t.co/HCbkyl5nLQ 4年以上前 replyretweetfavorite

Crowm69 「カメラは主人公の背中にはりついて離れず、彼が収容所内を移動するなかで見える光景や、聞こえてくる音を観客へ伝えていく。」 早く『サウルの息子』観てぇ 4年以上前 replyretweetfavorite

rcs00731 確かに、これまでの映画にはなかった切り口かも。そこそこ使い古されたと思われている題材にも、まだまだ開拓の余地があるのだと気づかされる。 4年以上前 replyretweetfavorite