タブの方舟・臨時便 極小BluetoothイヤホンEARINって?

翻訳者・酒井昭伸氏によるガジェット連載、「タブはこ」こと「タブの方舟」が帰ってきました! タブレットのみならず、今後も要チェックのガジェットを実際に購入&使用してご紹介していきます。今回購入したのは、極小Bluetoothイヤホン、EARIN。いったいどんな感じなんでしょう?

 話題の 極小 Bluetooth イヤホン、EARIN。昨年末の発売以来、品薄状態がつづいているらしい。うちは年末に発注し、早くても2月末に発送とのことだったが、キャンセルが発生したのか、1月下旬に届いてしまった。このさいだから、まだ珍しいうちにレビューしておこう。

 それにしても、小さくなったものである。受信部分も含めて、耳栓と見まがうばかりのこのサイズ。最新の Bluetooth イヤホンでも、左右のイヤホンは有線でつながっているのがふつうだが、EARIN はそこも無線でつないでしまう完全ワイヤレス型の新機軸。これはえらいことですよ。

EARIN。受信ボックスもコードも必要なく、このペアだけで音楽が聴ける。1個3.5グラムと軽い。金色の金属部分は模様ではなく、充電端子。

100円玉とのサイズ比較。

 このイヤホンは、スウェーデンの音響メーカー EARIN が kickstarter で出資をつのり、製品化にこぎつけたもの。日本の代理店のサイトはここ

 出資した人たちは当然として、直販だと、タイミングしだいでは去年のうちに手に入ったようだ。うちは北欧系のオーディオ機器と相性がいいので、どんなんかなー、と横目でちらちら見ていたら、意外に早くヨドバシに見本が入荷した。さっそく実機を試聴してきた家人(ふだんはアトミック・フロイドのカナル型イヤホンを使っている)によると、「そんなに悪くない」とのこと。それならば、ということで、年も押しつまった大晦日、自分では試聴もせぬままに、ヨドバシに発注してしまったしだい。まあ、あれです、仕事でずっと家にこもりっきりだったんで、ストレス発散の衝動買いだった側面は否めません。

 購入価格は、ポイント分を引いて3万円弱。「高い!」といわれそうだが、これはなかなかにうまい値づけだと思う。現時点でこういうモノに手を出すのは、たぶんイヤホン道楽のある人間だけだろう。その手の人種からすれば、けっして安くはないが、さりとてべらぼうに高いというほどでもなく、「博打だが、ひとつ買ってみるか」という気になれる、ギリギリの価格設定ではあるまいか。

EARIN in カプセル。このカプセルに入れて充電する。カプセルも42グラム(公称値)と軽い。

EARIN のカプセルを閉じたところ。カプセルは予備バッテリーも兼ねていて、イヤホンの内蔵バッテリーを3回フル充電できるだけの容量を持つ。こまめに継ぎ足し充電すれば、よほどヘビーに使わないかぎり、イヤホンの内蔵バッテリーが切れることはないのではないか。

 発注時、音はそれほど重視しなかった。聴くに耐えないようでは困るけれど、コードの呪縛から解放された状態で、「ながら作業」で使うのが目的だったので、ふつうに聴ければ上々というスタンスだ。
 懸念はむしろ、電波の受信能力にある。たしかに、Bluetooth 機器が不安定だったのも今は昔で、昨今では問題を感じることはまずない。すくなくとも、うちにある機器では、接続に苦労することもなければ、キーボードからのキー入力が乱れることもなく、イヤホンの音が途切れることもない。とはいえ、EARIN のサイズだと、小型化された分、どうしても受信能力に不安をいだいてしまう。はてさて、現物の性能やいかに……?

 届いたパッケージをあけてみると、中身はこんな感じだった。

外箱

内箱は磁石で上下がくっつくギミックつき。

内箱をあけたところ。

 付属品は下記のとおり(代理店のサイトより)。

--------------------------------------------------------------------------

USBケーブル×1
イヤチップ──シリコン製(Mサイズ×1ペア)
イヤチップ──コンプライ社製フォームチップ(400シリーズ Sサイズ×1ペアとMサイズ×1ペア)
スタビライザーロックx1ペア(イヤホンが耳からはずれにくくするもの)

--------------------------------------------------------------------------

 まずは充電を行なう。フル充電まで、カプセルが75分、イヤホンが70分。いずれも公称値である。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

SFマガジン

この連載について

初回を読む
タブの方舟【Tab Voyaging】─Windows8タブ導入記─ 

酒井昭伸

マイクル・クライトン『ジュラシック・パーク』、ダン・シモンズ『ハイペリオン』など、重厚なSF作品をバリバリ訳す翻訳者・酒井昭伸氏。しかして酒井氏には、デジタル・ガジェット・マスターというべつの顔があった! そんな酒井氏がWindows...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Hayakawashobo 翻訳家・酒井昭伸氏によるWindows8タブへの道のりとは…… 3年以上前 replyretweetfavorite