それでも僕は、外科医をやめない

知人が児童買春で逮捕されました

日常生活のすぐ脇にある、落とし穴。いまの自分の生活が変わるのは、ほんの些細なことがきっかけかもしれません。良い事でも悪い事でも。最近は、有名な元スポーツ選手が逮捕されたりして、テレビで裏事情が次々と暴露されて衝撃を受けることも多いですが、雨月氏の場合は、テレビを見ていて、有名人が逮捕されるよりもずっと衝撃的なことが起こってしまったようです。

こんにちは、外科医の雨月メッツェンバウム次郎です。

厳冬も過ぎ、東京では少し春の足音が聞こえてきました。どうして我々は早く春が来いと思ってしまうのでしょうね。「冬は気分が塞ぐ」ことの科学的な根拠の一つに、日中の日照時間が短いとセロトニン濃度が下がり、うつ病になりやすいなんていう古い論文を見たことがありますが。

さて、今回は一風変わったお話を致しましょう。

結論は、「知人が児童買春で逮捕され、思わず生き方を考えた」です

先日のこと。

ネットでニュースをぼんやりと見ていたら、突然知人の男性の顔が目に飛び込んできました。ニュースは「少女を買春し逮捕」というもの。映像ニュースだったので、よく会うその彼のいつも着ているスーツに包まれた、驚いたような顔を見ました。どういうわけかすごくいいポジションにテレビカメラもあり、まさに逮捕され連行されるシーンが映っていました。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
それでも僕は、外科医をやめない

雨月メッツェンバウム次郎

高学歴エリート集団だと思われがちな外科医の世界は、実は、毎日人を切り刻んでる特殊な世界です。現役医師が語る外科医の世界は、とっても不思議な世界。毎日、さまざまな患者さんと接し、手術をするなかで感じたことを、ありのままに語ります。not...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

kaneharu "犯罪以外でも突然今の生活が終わってしまう落とし穴はたくさん存在するのです。誰も見えないだけで、そして落ちても誰も大声をあげないだけで。" 4年弱前 replyretweetfavorite

natsuy 同じように 4年弱前 replyretweetfavorite

Quishin 雨月先生のエッセイいつ読んでもおもしろいなあ。。 4年弱前 replyretweetfavorite

wackosato ああ… … 何があるかわからないなぁ。 4年弱前 replyretweetfavorite