オチビサン歳時記

節分 〜節分と鬼退治は、もともと別の行事だった!?〜

まもなく節分。
今年は2月3日です。
オチビサンたちも、鬼の嫌うヒイラギやイワシの頭を飾って、
あとは楽しい豆まきだけ。
ところが、肝心の豆が見当たりません。
犯人はもしかして……!?

節分は、季節の移り変わりをつかむために暦に設けられた「雑節」の一つ。その名の通り「季節の分かれる日」を意味します。現代では立春の前日をさしますが、本来は、立春・立夏・立秋・立冬の前日で、年に4回ありました。春の節分だけが残ったのは、春が1年の始まりで、その前日は大きな節目だったからです。

では、なぜ節分に鬼を退治するのでしょう。じつはもともと節分は、鬼を払う儀式とは別のものでした。鬼を払う儀式のルーツは、かつて宮中で大晦日に行われていた「追儺ついな」とされています。病気や災いをまねく邪気を払って新年を迎えようとする儀式で、中世には廃れてしまいましたが、近世になって節分に神社などで行われるようになり、家庭にも広まっていきました。昔の暦では、元日と立春、大晦日と節分が今より近かったので、二つが結びついたのでしょうか。

病気や災いの象徴である鬼をよけ、無病息災を祈る節分。鬼払いの方法は地域によっても違いますが、家の戸口に鬼の嫌うイワシの頭やヒイラギの枝を飾ったり、豆をまいたりします。江戸時代にも、節分の前には豆売りやイワシ売り、ヒイラギ売りが町にやってきました。豆には邪気を払う力があり、穢れをたくして払うこともできると信じられていました。近ごろは、殻つきの落花生をまく地域もあり、落ちても殻をむいて食べられるので衛生的だという声もあります。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

コルク

この連載について

初回を読む
オチビサン歳時記

金田 妙 /安野モヨコ

漫画家・安野モヨコの描く1ページのカラー漫画「オチビサン」。 春はお花見。夏は海水浴。 秋はもみじ狩り。冬はみんなで"おしくらまんじゅう"。 オチビサンは毎日遊びに大忙し! 『オチビサン歳時記』では『オチビサン』に出てくる季節の言葉...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

sizukanarudon 節分 〜節分と鬼退治は、もともと別の行事だった!?〜 かなだたえ/安野モヨコ@anno_moyoco https://t.co/7juTvEqTUk 歯が生え揃う3歳頃まで 豆やナッツ類は食べさせてはいけません! 消費者庁 https://t.co/8iOIvyxqg7 約4年前 replyretweetfavorite