一冊丸ごと袋綴じを作りました!【週刊ヤングジャンプ】

ケトルVol.09は、「雑誌」特集! コラムコーナーでは、雑誌にまつわるエトセトラをご紹介。第9回は、雑誌好きなら知っていてほしい、雑誌の綴じ方についておさらいです。

雑誌を作る最後の工程・綴じ。

これをしなきゃ雑誌になりません! 

ということで、雑誌好きなら当然知っていると思いますが、雑誌の綴じ方についておさらいしましょう。

雑誌の綴じ方には大きく分けて「中綴じ」と「平綴じ」の2種類があります。「中綴じ」は、週刊誌のように二つ折りにした紙の折り目の部分を針金などで留めているもの。この方法で綴じられている週刊誌のスクープは、印刷と製本のタイミングで、表紙か裏表紙の近くに掲載されることは雑誌好きなら知ってるよね!

そして、「ケトル」も該当する「平綴じ」という方法。基本的に平綴じは16ページずつ綴じられているので、雑誌を読んでいて紙質や色が変わったら、そこは16の倍数になっています!

また、昔「Olive」がリニューアルした際に右綴じから左綴じに変わったように、綴じ方は雑誌の個性やイメージを大きく左右する役割も担っちゃうんです! そして、綴じ方を語る上でもう一つ欠かせないのが、そう「袋綴じ」!

そもそも袋綴じの発祥はイギリス。実は推理小説の犯人が誰か知りたくて飛ばし読みしてしまう人への対策から生まれたんだとか。さすがシャーロック・ホームズの故郷! 購入しないと謎が解けないようにするためともいわれています。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケトル

この連載について

初回を読む
雑誌が大好き!

ケトル

「最高に無駄の詰まった雑誌」がコンセプトの、雑誌『ケトル』。その毎号の特集をcakesで配信していきます。第9弾のテーマは「雑誌が大好き!」。検索で一直線に解答にたどり着くよりもいろいろ回り道する間に見つけるものがけっこう自分にとって...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード