パンダが好きすぎて雑誌名にしました【an・an】

ケトルVol.09は、「雑誌」特集! コラムコーナーでは、雑誌にまつわるエトセトラをご紹介。第6回は「意外と知られていない!?」雑誌の名前とその由来についてお伝えします。

アメリカの実業家・カーネギーは言いました。

「名前は、当人にとって、最も大切なひびきを持つ言葉である」と。雑誌の名前は、作り手が深い意味や思い入れを込めてつけるもの。その魂からの叫びに全身で敬意を払うべく、同コラムでは雑誌の名前を列挙しちゃいます!

まずはレディファーストで女性誌から! 雑誌「an・an」は、モスクワのパンダの名前が由来です。実は当初は「ジャンヌ」という名前だったのですが、現・マガジンハウスの最高顧問の木滑良久さんがパンダが大好きだったことから、途中で名前を変更したとか。こよなく愛するものを雑誌の名前にしてしまったというわけですね!

ちなみに「an・an」のマークもパンダです。パンダマークは「平凡パンチ」の表紙イラストなどを担当していたイラストデーター・大橋歩さんが描きました。◎マガジンハウス刊

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケトル

この連載について

初回を読む
雑誌が大好き!

ケトル

「最高に無駄の詰まった雑誌」がコンセプトの、雑誌『ケトル』。その毎号の特集をcakesで配信していきます。第9弾のテーマは「雑誌が大好き!」。検索で一直線に解答にたどり着くよりもいろいろ回り道する間に見つけるものがけっこう自分にとって...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード