リナとマイ 中編 —ネットと恋愛と親の離婚

「親の離婚って、どう思う?」——この連載は、親が離婚した経験をもつ子供たちへのインタビュー取材をもとに、現代のさまざまな家族のカタチを描いていきます。第4話は、高3と中3の姉妹の場合。離婚後、母子3人で暮らしていたある日、母親が突然置き手紙を残して出て行ってしまって……。前編につづいてお読みください。

翌朝。リナとマイは、昨日のうちにコンビニで買っておいたパンを食べた。

「今日れいちゃんと遊んで帰るから、晩ご飯いらない」
リビングの鏡の前で髪の毛を一つに束ねながら、マイがリナに言う。

今年の夏に引退するまで、マイはチアリーディング部に所属していた。大会では、高い位置でポニーテールを結ぶのが部の決まりだったので、マイは1年で入部して以来、ずっと髪の毛を伸ばし続けてきた。引退を機にようやく10センチほど短く切ったものの、長く続けたスタイルはすっかり自分の中の定番となっていて、登校前には必ず一つ結びにする。

「れいちゃんとどこ行くの?」
ファンデーションのコンパクトを片手に、熱心にメイクに勤しむリナがマイに尋ねる。
「イーモール」
マイが答えると、リナがちらっとマイを見て、わざとらしく言う。
「あんまりチャラいのについて行くなよぉ?」
即座にマイがむっとした様子で答える。
「……お姉ちゃんに言われたくない」

イーモールは、市内で一番大きなショッピングモールだ。街には他にそれほど遊ぶ場所があるわけでもないので、専ら近隣の子供達の溜まり場になっている。特にフードコートは中高生の出会いの拠点として知られていて、「イーモールなう」とツイッターで呟くと、同じようにやってきて「イーモールなう」している他校の中高生とその場で繋がって、気が合えば連絡先を交換したり、お茶したりする。マイ自身はどちらかといえば内気な方で、知らない子と話すのはそんなに得意じゃない。だから、自分から積極的にそういう遊びに興じることはないものの、仲良しの友達に誘われれば素直に付き合う。

最近は部活もないので、学校は大体4時過ぎには終わる。
普段、あまり来ることのないこの時間帯のイーモールは、幼稚園帰りの子供を連れた若いお母さんや、おじいちゃん、おばあちゃん達で賑わっていて、いつもとはやや雰囲気が違っていた。
少し前にれいちゃんがツイートした「イーモールなう」も、当然ながらいつものようには振るわない。

「なんかイマイチだね」
れいちゃんがスマホの画面をスクロールしながらつまらなそうに呟く。
「だねー」
マックで調達してきたシェイクのストローを弄びながら、マイはぼんやりと返事を返す。
正直なところマイは別に、出会いがあろうがなかろうがどっちでもいいのだが、れいちゃんがイマイチというなら、マイもイマイチだと思う。

しばらくの間、お互い何を話すでもなく過ごしていたものの、ふいに、れいちゃんが思い出したように口を開いた。
「ねえマイちゃん、聞いて。一昨日うちの両親が喧嘩して、それ以来パパとママがずっと口聞かないの」
「え、そうなんだ」
意外だった。マイの知るれいちゃんの両親はいつだって仲良しで、喧嘩なんて、とてもしそうには見えなかった。
「パパは出て行くとか言い出しててさ……離婚するのかな」
不安そうに言うれいちゃんを前に、マイは嫌が応にも、昔のことを思い出した。


パパが家を出て行ったのは、今から6年前のある夜のことだった。
当時マイは小学生で、ママと入っていたお風呂から丁度上がったところに、大きなバッグを持って玄関に立っているパパと、鉢合わせた。

「パパ、どこ行くの?」

直前の夕飯の席でのパパとママの言い争いを思うと、マイは急に不安になった。けれども、パパはマイの質問には答えようとせず、代わりに「じゃあね」と言い残して、そのまま家を出て行ってしまった。

「……ママ、パパ行っちゃったよ!どうしよう」

マイが慌ててママに詰め寄ると、ママはマイに目を向けずに言う。
「行って欲しくないなら、行かないでって言えば?」

物音で駆けつけたリナと2人、急いでパパを追いかけた。けれどマンションの外まで出たときには、通りにはもうパパの姿はなく、リナとマイは仕方なく部屋に戻るよりほかなかった。その夜は2人とも沢山泣いた。自分の部屋にこもったっきり出てこなかったママも、きっと泣いていた。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
りこんのこども

紫原明子

いまや「よくある話」になっている離婚問題。大人の事情で語られることは多いけれど、親の離婚を体験した子供たちは、何を考えているのでしょうか。自身も離婚を経て二人の子供を育てているエッセイストの紫原(家入)明子さんが、子供たちの思いや現代...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

akitect 「りこんのこども」でも書いたけど、今の中高生ってTwitterのプロフィールに所属する学校名と学年を書いてることが多くて、検索機能で出会ったりしている。大人よりもっと、同じ属性の人とネットで出会いやすい環境にいるよ。 https://t.co/fUZNnbYRG1 4年弱前 replyretweetfavorite

yup365 子どもの時のわたしと、親になった今のわたしと、どちらの気持ちもすごくよくわかる。 4年弱前 replyretweetfavorite

rabbitstar …こうやって現実を生きて育っていくんだな。 4年弱前 replyretweetfavorite

Kisax_w 重い。でも本当のこと。リアリティが描いてあります。自分も今このママだなー余裕ゼロだわ。夫いるけど 4年弱前 replyretweetfavorite