知性を磨く読書術

第1回】成毛眞と本を買いに

マイクロソフト日本法人の元社長で、退社後、投資コンサルティング会社を設立、さらに現在は書評サイト「HONZ」の代表も務める成毛眞氏。ビジネス界を代表する読書家である同氏は普段、どう本を選び、買っているのか。その買い物に密着した。

なるけ・まこと/1955年北海道生まれ。中央大学商学部卒業。アスキーなどを経て86年に日本マイクロソフトに入社し、36歳で同社社長に就任。2000年に退社し、投資コンサルティング会社インスパイア設立。11年、書評サイト「HONZ」を開設。『本棚にもルールがある』『教養は「事典」で磨け』『ビジネスマンへの歌舞伎案内』など著書多数。

 ボクはアマゾンでも本を買うが、書店で買うことの方が多い。理由は単純で、書店員というプロが選んだ思いがけない本との出会いを期待できるし、納得がいくまで内容を確かめてから購入を決められるからだ。

 今回訪ねたのは、丸善丸の内本店。1階の店頭には新刊書や話題の書が平積みになっているが、いきなりそこで足を止めるのは、急いでいるときだけだ。今日のように時間に余裕があるときは、まずはエスカレーターで3階まで行き、そこから興味と重力に従って、フロアを下りながら新刊という名の獲物を物色する。

 靴は履き心地のいいスリップオン、バッグはリュックと、帰りには荷物が重くなることを想定してのいでたちである。

 さあ、まずは3階、芸術書のコーナーだ。芸術書こそ、中身が肝心。デザインや装丁だけでなく、紙や印刷もチェックする。出来上がりに手を抜いた芸術書に良書はないし、ここを頑張った本に悪書はない。早速、写真集『Tamagawa 東京ネイチャー』(つり人社)、企業が作る印刷物を集めた『構成・レイアウトで魅せる 企業案内グラフィックス』(パイインターナショナル)などが面白そうだ。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド

この連載について

知性を磨く読書術

週刊ダイヤモンド

「自分が欲するように世界を理解する態度」を指して「反知性主義」という。結論ありきの情報収集に流れず、常に自分自身に実証性、客観性を保つための一番の方策は、やはり読書だ。

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

consaba 成毛眞と本を買いに「さあ、まずは3階、芸術書のコーナーだ。芸術書こそ、中身が肝心。デザインや装丁だけでなく、紙や印刷もチェックする。出来上がりに手を抜いた芸術書に良書はないし、ここを頑張った本に悪書はない。」|週刊ダイヤモンド https://t.co/2BMG9u9pyl 4年弱前 replyretweetfavorite

Emeraldas_0718  「納得がいくまで内容を確かめてから購入を決められる」本を手にとって奥付を見て、装丁やデザインなどを吟味して本文を流し読みする。編集者時代は昼飯後に書店に行くのが日課だった 4年弱前 replyretweetfavorite