それでも僕は、外科医をやめない

スーパースペック女子達との食事会でこじらせた話

厳寒の日本で、日々医療の最前線に立ち、休む暇のない雨月氏の心を癒してくれるのは、美味しい食事たち。やもめの外科医師となれば、引く手もあまた、様々な食事会にお呼ばれします。今回の食事会で出会った女性たちは、いろいろな意味でスペックの高い女性ばかりだったようですが、肝心の雨月氏は日々の疲れからか女子観察に明け暮れてしまったようです。

こんにちは、外科医の雨月メッツェンバウム次郎です。

今回は、タイトルの通りスーパースペック女子たちと食事会をした結果、こじらせたお話です。

FBのタイムラインに結婚式報告が飛び交う晩秋のある日、私は夕方まで論文の執筆など自室に籠もってやっておりました。医者にはオフなどありません。いつの間にか眠ってしまい、起きると夕刻6:30。大慌てで起きシャワーを浴びてタクシーに飛び乗りました。「青山まで」

大通りから一本入った老舗のお蕎麦屋さんに入ると、カウンターにはお客さんは一人もおらず、テーブル席で男女が楽しそうに談笑をしている。(ちょっと入りづらいな)そう思いながらこんにちは、と声をかけます。私の知人は男性ひとりだけの完全アウェーです。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
それでも僕は、外科医をやめない

雨月メッツェンバウム次郎

高学歴エリート集団だと思われがちな外科医の世界は、実は、毎日人を切り刻んでる特殊な世界です。現役医師が語る外科医の世界は、とっても不思議な世界。毎日、さまざまな患者さんと接し、手術をするなかで感じたことを、ありのままに語ります。not...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

nejimusi スーパースペック?も振り切れると世界が違いすぎて、「火星に生命体が存在した!」みたいな感覚で読めて、却って嫌味がない 4年弱前 replyretweetfavorite

luckyandrich1 https://t.co/qXUJg2oBGW うーん ゴッホは ゴーギャンにしつこくアトリエへ来るように言ったが、ゴーギャンは暴言を言ってアトリエから出て行き、暴言が聞こえたショックで耳を切ったんだと記憶していますが。 4年弱前 replyretweetfavorite

sizukanarudon 雨月メッツェンバウム次郎@ugetsujiro @sobaginsei https://t.co/VwdIfqG1tB 牧野隆志さん、肺癌で亡くなって2年か… 東京プリン 合コン哀歌 https://t.co/n9q48VGInn 4年弱前 replyretweetfavorite

SixTwoFive25 文章から感じるお人柄では、雨月先生を好きになるハイスペック女子って結構いそうだけどな。: 4年弱前 replyretweetfavorite