欧州のビジネスで人種間ジョークに気をつけて

さまざまな人種の人たちの中で仕事をするとしばしば聞かれるのが、「○○人は××な性格だから~」という国民性に対するイメージについての発言です。多くの場合ジョークで言われたりするのですが、その発言がきっかけに怒る揉め事も少なくないそう。

〈国柄の壁〉

国柄の違いで、マネージメントに苦労する

 よく、「この国の人たちには、こんな傾向がある」といったことがテレビや雑誌などで、紹介されたりします。ステレオタイプになる危険は潜んでいるものの、これがあながち無視できないものだと感じることがあります。
 たとえば欧州なら、ドイツはやはり堅いイメージで、ファイナンスに強くて、何でもきっちりやるタイプという人が周りに多く、まさにこれは当たっているなと感じています。
 そして同じ欧州でも、イタリアやスペインは、とにかく明るさはあるものの、感情的で、営業や独特のクリエイティブには強いのですが、管理面や約束事に関しては、日本人からすると、かなりいい加減に感じられる人たちもたくさんいます。
 一方、フランスには、独特で、主張が強く、フランス中心、欧州中心に考える傾向がある人が多いという側面があります。
 こうした各国の人たちの個性は、当然のことながら、マネージメントをする際の苦労につながるケースも少なくありません。

 私はサンリオで欧州担当も長く務めていましたが、特にグローバルの大きな戦略をつくるときに、ひとつ困ることがありました。
 それは、どの国の担当者を、そのリーダーにすえるかによって、ビジネスの志向が大きく変わってしまいやすいということです。
 当たり前のことではありますが、フランス人のマネージャーは、フランス市場を第一に考えて、フランスのライセンシーとビジネスをしたがる傾向があります。そこから、ドイツ、イタリア、イギリスなどに展開したいと考えるのです。
 一方、イギリス人の担当者は、イギリスを中心として、イギリスのライセンシーとイギリスのネットワークから、フランス、ドイツ、イタリア、スペインへと展開したいと考えがちです。
 そしてイタリアのチームは、イタリアをベースにイタリアのライセンシーで、イタリアからフランス、ドイツ、イギリスに展開したいと考えることが多いのです。
 やはり国ごとのコンペティティブネス(競争心)やチームのつくり方、優先順位にものすごく色彩が出てしまうので、そうした癖を理解したうえで、欧州全体を視野に入れた戦略が動くように配慮しています。

職場を不穏にしかねないジョークは厳しく指導
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
世界の壁は高くない—海外で成功するための教科書

鳩山玲人

サンリオで海外戦略を担当。会社の営業利益が入社5年目で約3倍となり、常務取締役となった鳩山玲人さん。2015年、ハローキティをハリウッドデビューさせるための、社内ベンチャーのCEOに就任し、米国経済誌により「今まででもっとも成功したハ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

tomshirai どの国の担当者を、そのリーダーにすえるかによって、ビジネスの志向が大きく変わってしまいやすい 約4年前 replyretweetfavorite