お祓いと地獄の新年会

新年早々、お祓いに行くことにした<臆病な詩人>の文月悠光さん。胸のうちには自分の世界が広がっているのに、どうも現実世界ではすこし間が悪いよう。お金を忘れ、自分の願い事に迷い、他人の願い事に戸惑い、予想外の大合奏に笑いを噛み殺す始末。そしてお祓いの後、リア充イベント「業界人の新年会」が彼女を待ち受けているのでした。

 一月某日、映像監督のSさんから新年会のお誘いメールが届いた。

「新年会の前に、赤坂の豊川稲荷で厄祓いの祈祷を受けます。よかったらお祓いから参加しませんか」

 はじめてのお祓い。これはもしや〈現実入門〉になるのでは? さっそく、連載の担当編集者N氏にメールを打つ。

「お祓いに誘われました! 初詣の次のテーマがお祓いって、偏りすぎですかね……?(ちなみに祈祷料で五千円かかるそうです)」

「お祓いですか……。うーん、そろそろ街に出たい気もしますが、文月さんの臆病さは『神がかり』レベルですから、かえっておもしろいかもしれないですね」

 神がかりレベル……。

「お祓いで心を鎮めてから、合コンとかスポーツ観戦とか、いろいろ挑戦していきましょう!」

 いったい、どこの誰が「合コン」の前に「お祓い」に行くというのだ。うう、わたしのごせんえん……と気が遠くなる。仕方ない、これで街へ出られるならば、と心を決める。

 真摯な思いでお祓いに臨む私だったが、このときは知る由もなかった。とんでもない地獄の〈初体験〉に目を回すハメになるなんて—。

笑ってはいけないお祓い大合奏

 迎えた当日、天気はあいにくの曇りだった。赤坂見附駅から徒歩五分。豊川稲荷東京別院の鳥居の前に、今日の顔触れがそろっていた。今年四十二歳で後厄となる幹事のSさん、スタイリストのTさんとその恋人など、総勢五人。みんなでお祓いを受けるのだ。

 御祈祷受付の前で、水色の申込用紙を記入する。「以下の中から、3つを○で囲んでください」。

家内安全・商売繁昌・交通安全・心願成就・良縁祈願・病気平癒・学業増進・安産祈願・厄難消除・合格祈願・身心堅固・開運満足・芸道精進・息災延命……etc。

 目がチカチカしてくる。人の願望は、こんなにも多種多様なのか。果たして私は何をお願いしたいのだっけ、とグルグル考え込む。

「心願成就って?」

「何でもお願いできるオールマイティなやつだよね」

 うーん、安易だ。安易すぎる。これを選んだら負けな気がする……。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
臆病な詩人、街へ出る。

文月悠光

〈16歳で現代詩手帖賞を受賞〉〈高校3年で中原中也賞最年少受賞〉〈丸山豊記念現代詩賞を最年少受賞〉。かつて早熟の天才と騒がれた詩人・文月悠光さん。あの華やかな栄冠の日々から、早8年の月日が過ぎました。東京の大学に進学したものの、就職活...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

MRN_KS ҈ 寝不足気味の疲れた目をしていて、やけにテンションが高い https://t.co/I2RpuBwlgO 2年弱前 replyretweetfavorite

asamixjuice 「神頼みって、どうしたらかっこよくできるの……?」の一言に笑ってしまったのはまだ序盤。「文月さん、逃げてー!」という展開が待っているなんて。自分だったら「まずはお手本見せてください♥」って言うしかない。 祓いと地獄の新年会 文月悠光 https://t.co/yuaop9PEiT 2年弱前 replyretweetfavorite

tsukune1984 無茶ぶりの部分読んで大学時代のトラウマが蘇った…。それをきっかけに俺はドロップアウトしたのだ…。(人間関係だけ。卒業はちゃんとした。) ちゃんと処理する文月さんは大人だ。 2年弱前 replyretweetfavorite

sanzarutaishou 神社のお祓いとは、まさに世俗のきわみ。それにしても担当さん、5000円くらい編集費で出せないもんかね…。 2年弱前 replyretweetfavorite