​あの子の胸が触りたい

今回の「ワイングラスのむこう側』は、悪い大人の男の人たちのお話です。bar bossaのカウンターで飲んでいた不倫上等な既婚男性。ちょっと発言が下品だったので、林さんが軽く苦言したところ「それは違う」と反論されました。林伸次さんはその話の説得力に思わず唸らせれてしまったそうです。悪い男たちの頭はいったいどう考えているのでしょうか。

カウンターにいた二人の会話は下品か?

いらっしゃいませ。
bar bossaへようこそ。

最近、bar bossaの向かい側に大きな居酒屋が出来たのですが、そのお店、全面がガラスでして、外からどんな人たちが食事をしているのかがはっきりわかるんですね。

で、bar bossaのカウンターに座った男性たちが向かい側の女子会をやっている女の子たちを見て、「俺、あの子が好きだなあ」とか「あの子はこういう雰囲気だから俺なんか相手にしてくれないなあ」とかなんとかしょっちゅう盛り上がっているんです。

そして先日のこと、悪い男性二人組がカウンターでまたその「あの子が可愛い」をずっと言ってまして、一人の方が「俺はあの子のあの胸が触りたい」って突然ため息のようにもらしたんです。

実際、その女性はふくよかな胸をしていまして、さらにそれを強調させるような服装だったので、気持ちはわかるのですが、それを言葉にしてしまったらちょっと下品ですよね。それで僕が「それを言っちゃいますか。なんかあまりにも直球というか、まあ気持ちはわかるけど、もっとこう『あの子とデートしたいなあ』とかそういう風にオブラートにくるんで表現しましょうよ」って言ってみたんですね。

そしたらこう答えました。

「林さん、それは違う。男は仕事をするときでも、女性とデートをするときでも、ちゃんと最終的な目的を設定して行動しなきゃいけないんです。『なんかあの子とデートしたいなあ』ではデートが目的になってしまうからそのデートからは何も生まれないんです。『あの子の胸を触りたいなあ』って思ったら、じゃあどうやって誘うか、どういうデートにすれば良いのか、暗い場所にあるレストランが良いのか、それともバーで決めるのが良いのかって色々と作戦を考えることができるんです」

困ったものですねえ。でもこの話、彼らにとってあながち冗談だけではないんです。

その二人組の男性はもちろん既婚者ですごく悪い人たちなのですが、どちらも仕事ですごく成功していて、いろんな交渉とかビジネスの展開の仕方とか毎日が戦場で、常に「目的を達成するには」という考えで行動しているわけです。そしてその目的のために最適な方法を常に考えて行動し、そしてこの方法が上手く行かなかった場合はと代替案も用意しているんです。

悪い既婚男性の頭の中身
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

渋谷のバーのマスターが教える、恋愛作法のエトセトラ。ついに書籍化!

ケイクス

この連載について

初回を読む
ワイングラスのむこう側

林伸次

東京・渋谷で16年、カウンターの向こうからバーに集う人たちの姿を見つめてきた、ワインバー「bar bossa(バールボッサ)」の店主・林伸次さん。バーを舞台に交差する人間模様。バーだから漏らしてしまう本音。ずっとカウンターに立ち続けて...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

orcaff あの子の胸が触りたい|林伸次 @bar_bossa https://t.co/EVKR6ifTSR 3年弱前 replyretweetfavorite

EZLN_Tokyo あの子の胸が触りたい|林伸次 @bar_bossa https://t.co/Ro08gLrAq1 3年弱前 replyretweetfavorite

ta03049_oua15 白衣の下……(´ 。•ω•。)っ⌒♡。. Yahoo!ニュース 3年弱前 replyretweetfavorite

_rokujo いやこれクズやろ 3年弱前 replyretweetfavorite