for you

「それでは、今日のマチネの終わりに、みなさんのためにもう一曲、この特別な曲を演奏します。」

 最後のジーグを弾き終えると、蒔野は、スタンディング・オベーションでその演奏を称えられた。洋子ももちろん立ち上がって拍手をした。

 蒔野は、感極まった面持ちで会場の全体を見渡し、一礼した。舞台袖に下がって、また戻ってくると、アンコールに《ヴィジョンズ》と《この素晴らしき世界》を演奏した。ようやく少し安堵したような表情だった。すっかり満足した聴衆も、ほとんど歌い出さんばかりの様子で、洋子の隣の夫婦は、実際に小声で歌詞を口ずさんでいた。

 二度目のアンコールに応えて、再び舞台に登場した蒔野は、この日初めてマイクを手にして英語で話を始めた。感謝の気持ちを伝えたあと、

「ここの会場は初めてなんですが、音もとても素晴らしくて、演奏していて、とても良い気分でした。近くにセントラル・パークもあるし、……今日はいいお天気ですから、あとであの池の辺りでも散歩しようと思ってます。」と続けた。聴衆は、そのやや唐突な“このあとの予定”に、微笑みながら拍手を送った。洋子は、彼の表情を見つめていた。

 蒔野はそして、一呼吸置いてから、最後に視線を一階席の奥へと向けて、こう言った。

「それでは、今日のマチネの終わりに、みなさんのためにもう一曲、この特別な曲を演奏します。」

 洋子は、微かに笑みを湛えていた頬を震わせ、息を呑んだ。蒔野がこちらを見ていた。そして、「みなさんのために(for you)」という言葉を、本当は、ただ「あなたのために(for you)」と言っているのだと伝えようとするかのように、僅かに顎を引き、椅子に座った。

 ギターに手を掛けて、数秒間、じっとしていた。それから彼は、イェルコ・ソリッチの有名な映画のテーマ曲である《幸福の硬貨》を弾き始めた。その冒頭のアルペジオを聴いた瞬間、洋子の感情は、抑える術もなく涙と共に溢れ出した。……

 *

 終演後、蒔野は独りセントラル・パークを散歩しながら、午後のやわらかな日差しに映える美しい木々の緑を眺めていた。週末で家族連れも多く、芝生のあちこちでピクニックや日光浴を楽しむ人の姿が見えた。

 コンサート会場に洋子がいることに気がついたのは、第一部の最後の曲を弾き終わった時だった。予期せぬ喝采に、立ち上がって一礼しようとした時、彼は、一階席の奥の暗がりに彼女が座っているのを目にし、時が止まったかのようにその場に立ち尽くしてしまった。そして、再び舞台に立った時、彼は最初に、彼女がそこにいることを確かめたのだった。

 新しいバッハは、誰よりも彼女に聴いてほしかった。その喜びに満たされるとともに、五年前の夜、パリのアパルトマンで、ジャリーラのためにギターを弾いた時の記憶が蘇った。椅子に座ると、あの時の心境を胸に含んだまま、無伴奏チェロ組曲第一番の演奏に取りかかった。……

 どこか遠くのパトカーのサイレンが、彼方の空に轟いて消えた。蒔野は、太陽の光の移ろいを感じ、少し足を早めた。彼は先ほどから、リルケの《ドゥイノの哀歌》のあの《幸福の硬貨》の一節を断片的に思い返していた。

「……私たちには、まだ知られていない広場が、どこかにあるのではないでしょうか? そこでは、この世界では遂に、愛という曲芸に成功することのなかった二人が、……彼らは、きっともう失敗しないでしょう、……再び静けさを取り戻した敷物の上に立って、今や真の微笑みを浮かべる、その恋人たち……」

 深い緑色をした「あの池の辺り」に差し掛かると、蒔野は逸る気持ちと不安とで、ギターケースの持ち手を何度も握り直した。周囲を広く見渡しながら歩いた。池に沿ってゆったりと曲がった歩道を抜けたところで、視線の先の木陰に一つのベンチが見えた。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

コルク

この連載について

初回を読む
マチネの終わりに

平野啓一郎

毎日新聞で3月1日より連載を開始した芥川賞作家・平野啓一郎氏の新連載『マチネの終わりに』が、cakesでもスタート! 『空白を満たしなさい』以来、三年ぶりの長篇となる本作のテーマは「恋愛」。文明と文化、喧噪と静寂、生と死、更には40代...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

corkagency 「それでは、今日の 約4年前 replyretweetfavorite

KOGUREYuki 終わってしまった。 鳥肌が立った最終回。 https://t.co/S1P8c9tChK 約4年前 replyretweetfavorite

frsw75 小説ってずっと読みたくなって、終わりがお別れみたいで、さみしい。 約4年前 replyretweetfavorite