理想も安心もお金次第? リアリストな女は貯金と自分を信じている

貯金してますか? わかっちゃいるけど貯められない。そんな芳麗さんは“仕事を楽しむ、暮らしを楽しむ”がキャッチコピーの『日経ウーマン』を見てうなだれます。安定した稼ぎも望めない、結婚すらも頼れない。そんな厳しい現実を生き抜くのに、もっとも確かな安全網である“お金”と女の生きる道について。
この道20年のベテラン女性誌ライター芳麗さんが贈る“ありふれた女”たちのための教科書です。

「理想の老後を過ごすには、65歳までに最低3000万円は貯めておかないとダメなの。つまり、30代のうちに1500万円は貯金していないとね」

 日本経済を支える丸の内系ストイックなOLのW(ウーマン)は、真剣な表情で私を諭す。
 こちらは40過ぎても貯金が7桁にも満たない。不安定な自営業とはいえ、Wの収入と大差があるわけではない。贅沢はしないけれど、時々、旅へ行き、引越しを繰り返し、日々、本を買ってカフェでお茶しながら原稿を書いているだけでも、泡のようにお金は消えて行く。

 一方、Wはどこまでも合理的で堅実なリアリストだ。
 ZARAの流行色のワンピにユニクロのカーデ、セリーヌのヴィンテージバッグという堅実なオシャレOLのお手本のようなコーディネート。スタバでは、無脂肪ミルクのラテに無料のキャラメルソースをトッピングするのがお決まりだ。

「豆乳はプラス50円だから、健康面も考えて無脂肪をチョイス。長時間滞在するなら、2杯頼むより、温度は熱めにしてグランデサイズにするとコスパがいいの。あ、でもここだけの話、女友だちとのお茶は2時間までって決めている。それ以上だと、話が堂々巡りになって、時間も労力もムダになるだけだもの」

 わたしは、うんうんと頷きながら、「わかっちゃいるけど、なんだか味気ないような……」とぼやく。すると彼女はピシャリと言った。

「目先の感情や欲望に捕らわれているから貯まらないんじゃない? 常に目的意識をもって、リスク管理しないと。お金は最大のセーフティーネットだよ。それに……、お金こそがあなたの“現実”を決めるの」

勝間&松居のWカズヨ的な女道

『日経ウーマン』は、働いて自立している女性のためのライフスタイル誌だ。

 キャッチコピーは“仕事を楽しむ、暮らしを楽しむ”「キャリアからマネー、ヘルスケア、ファッション&ビューティまで。いずれも手を抜かず、しっかり情報収集して、賢く暮す」のがモットーだと記してある。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
雑誌が切り取る私たち。—恋も仕事も思いのまま?

芳麗

「出産は人生見直しの大チャンス!」――時代に敏感な新旧の女性誌のキャッチコピーを振り返りながら、女の人生の選択についてポップに語る本連載。この道20年のベテラン女性誌ライター芳麗さんが贈る“ありふれた女”たちのための教科書です。

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

yoshirei0702 私のように貯金とダイエットが苦手な人、現実逃避癖のある人は必読! Wカズヨ(勝間和代&松居一代)マインドを注入しましょう  4年弱前 replyretweetfavorite

llllkaedellll ケイクスの連載記事より。女性誌擬人化エッセイ。今回は日経WOMAN。耳も痛いが現実とはひっくり返せば実現であると。 4年弱前 replyretweetfavorite

imagawaikuo 否定的な結論かと思いきや肯定論。まあお金をバカにする人は人生もバカにする人だとは思いますが。▼ 4年弱前 replyretweetfavorite

akitect 私も今年はもうちょっとお金についてちゃんとしよう。。 4年弱前 replyretweetfavorite