第12回 あなたもAV男優になれる(わけではない)【あるキモい男の出自 ①】

男性ならば、一度ぐらいは「AV男優になってみたい」と思ったことがある人も多いのでは。ただ、実は一般人が思っている以上にAV男優とは難しい職業で、大多数の男性はAV男優にはなれないのだそうです。普通の人では考えられないスキルを持つAV男優たちのスゴさについて、元AV男優・二村ヒトシさんが語ります。

すべての女性はAV女優になれるが、ほとんどの男性はAV男優になれない

しょぼいAV男優が性交するしょぼいAVを観るとき、すべての男は男優のしょぼいふるまいに興が醒め「俺のほうがうまい」とつぶやく。童貞でさえ、そうつぶやく。そしてAV男優になった自分を夢想する。だが多くの男はAV男優にならない。自分が衆人とカメラの前では勃起しないことを知っているのだ。

多くの女性は「AV女優になれるよ」と言われると否定する。だが、もしもカメラの前でセックスを「どうしても、しなければならない」という状況になったら、すべての女性がカメラの前で確実にセックスすることができる。

以上をとても雑にまとめて、なにか内容ありげというか意味がありげな箴言とするなら、
すべての男はAV男優になりたがるが、ほとんどの男はAV男優にならない。
ほとんどの女はAV女優になりたがらないが、すべての女はAV女優になれる。

ということになる。

「カメラで撮影されながら」という状況とともに「ギャラをもらって」という大きな問題もまた彼ら男性の勃起の前に立ちふさがるだろう。

男はけちである。女性がけちなのとはまた別の意味でけちであって、普段あまり勃起しない男が風俗店だと勃起するということがある。風俗店の女性が美貌であったから初対面であったから勃起する場合もあるだろうが「お金を払ったんだから勃起しないでは損」というけちな意識が働いて勃起することもあるのである。

ところがこれが「お金をもらったんだから」という意識の場合どうだろう。勃起はプレッシャーに弱い。お金をもらっている以上勃起しないと怒られかねないという恐怖が頭をもたげれば亀頭は頭をもたげなくなる。金額が高くなればなるほど恐怖はつのる。(一方、女性の場合はギャラが高額になればなるほど彼女の内面も女優らしくなっていくように思われる)

ハプニング・バーといった場で衆目の中でこそ興奮して勃起するという性癖を持った素人男性が、撮影ではからきし不能であった例もあった。ハプニング・バーでの勃起は無給であり責任がないからだ、と彼は後に語った。

AV男優になれるなれないを左右する勃起力は、通常のセックスにおける勃起力とは少し違う精神的な勃起力である。それはある種の「ずうずうしさ」のようなものであろう。

一流のAV男優は忍者である

もちろんAV男優を続けていくには、ずうずうしさだけではなく肉体的勃起力やスタミナ、そして性交の技倆が必要である。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
キモい男、ウザい女。

二村ヒトシ

アダルトビデオ監督・二村ヒトシさんが、男女の関係性を探り、自分自身を語っていく連載です。現代の日本に生きる私たちほぼ全員が「キモチワルい男」であり「めんどくさい女」であるという、恐ろしすぎる【見立て】からはじまるこのお話。なぜ現代の恋...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

koziseren へぇぇぇ…。 そういうものなのか…。 (朝っぱらから私は何を読んでいるのか…。 約2年前 replyretweetfavorite

ora109pon https://t.co/H2leeufp3M https://t.co/xo8gPnJW1I 2年以上前 replyretweetfavorite

hugabooks 引用「男性ならば、一度ぐらいは「AV男優になってみたい」と思ったことがある人も多いのでは。ただ、実は一般人が思っている以上にAV男優とは難しい職業で~」。名だたる男優のエピソードが語られていて面白い! http://t.co/cpLCGFea9y 約5年前 replyretweetfavorite