プリティ・ガールズ

リディアへの謝罪

留守番電話の音声から、ポールが「レキシー」という若い女性と浮気していたことを突き止めたクレア。レキシーに会いに行くと決めて、リディアの運転する車に乗り込んだ。


プリティ・ガールズ 上(ハーパーBOOKS)

 突然電話が鳴り響き、ふたりは飛びあがった。クレアはプリペイド携帯を見たが、画面は真っ暗だった。

 リディアが言った。「わたしの携帯でもないわ」

 二度目のベルが鳴った。クレアはソファの横のテーブルにあるコードレスの受話器に向かった。再びベルが鳴る。あのなじみのある嫌悪感がよみがえった。フレッド・ノーランの声を聞く前からだ。

「クレア」彼は言った。「つかまってよかったよ」

 ノーランの声は鐘の音のように大きくてはっきりしていた。リディアにも聞こえるように受話器を離して持つ。

「きみの弁護士と一緒に話をするという申し出を受けようと思ってね」

 自分自身の鼓動が鼓膜を震わせる。「いつ?」

「今日は?」

「日曜日よ」このときまで今日が何曜日か忘れていた。ポールが死んでおよそ一週間が過ぎたのだ。

 ノーランが言った。「大佐の週末料金を払うくらいの金はあるだろう」 “大佐”。ポールとクレアは暴行容疑を晴らしてくれた弁護士のウィン・ウォレスをそう 呼んでいた。ポールが大佐と呼んだのは、『ア・フュー・グッドメン』でジャック・ニコルソンが演じていた人物のように偉そうでいやなやつだったからだ。

「クレア?」

 どうしてノーランがそのあだ名を知っているのだろう? 横領容疑をかけられたときにポールも大佐を使っていたのだろうか?

「もしもし?」

 リディアのほうを見ると、鞭打ち症になりそうなほど激しく首を振っていた。

 クレアは尋ねた。「どこで?」

 ノーランは住所を言った。 「二時間後に行くわ」クレアは電話を切った。手を放したとき、受話器に汗の跡が残って いた。

 リディアが言った。「あのファイルを渡すつもり?」

「いいえ。ダウンタウンにも行かない」クレアは立ちあがった。「アセンズに行く」

「え?」リディアも立ちあがった。クレアのあとからマッドルームに向かう。「たったいまノーランに—」

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ミステリー界の新女王カリン・スローターが描く本年度最高のスリラー小説!

プリティ・ガールズ 上 (ハーパーBOOKS)

カリン スローター
ハーパーコリンズ・ ジャパン
2015-12-02

この連載について

初回を読む
プリティ・ガールズ

カリン・スローター

成功した夫と美貌に恵まれ、なに不自由ない生活を送っていたクレア。だが、ある日暴漢に夫を殺されたことから、彼女の人生は暗転する。葬儀中、自宅に強盗に入られたクレアは、刑事に加えFBI捜査官が事情聴取に現れたことを不審に思い、夫のパソコン...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません