​結婚て本当に必要?

価値観というのは時代とともに変わっていくもの。人生の転機になるといわれる「結婚」もまた、時代によって考え方が変わっています。bar bossa林伸次さんが、現代の価値観にあった結婚を提案します。

結婚をしないといけない理由は?

いらっしゃいませ。
bar bossaへようこそ。

江戸時代は結婚率は半分くらいだったという話はご存知でしょうか? というか、逆に結婚率がすごく高かったのは、日本の長い歴史の中で昭和の時代だけだったそうです。そんな誰もが結婚していたという珍しい昭和の時代の世代が今の親の世代だから、「結婚はあたりまえ」という価値観をおしつけるひとが多いわけですね。

さて、江戸時代以前に結婚していた人たちはどういう理由から結婚していたのでしょうか。「合コンや職場で出会ってしまって、デートを重ねて、ちょっと付き合って、そしてお互いが愛し合っているのを確認した」から結婚していたわけではないですよね。「家」を絶やさないために結婚していたんです。もちろん、恋愛結婚もあっただろうとか、色々とあるとは思います。まあ細かく突っ込まずに「ざっくり」で読んでください。

それで思うのですが、現代ってもう「家を絶やさない」っていう感覚がなくなりはじめていますよね。結婚ってデリケートなテーマなので、すごく言葉を選んで書いていますが、もしかして現代の日本は「結婚という制度なんていらないのかも」ってみんなが気がつき始めたんじゃないかなって気がしているんです。

周りで離婚の話をたくさん聞きますよね。「僕たちは結婚してとても幸せです」って表明している人たちって少数派のように見えますよね。「結婚って大変だよ」という言葉ばかり耳にするから、若い人も結婚なんてしたくなくなりますよね。

「結婚という制度って、どうして存在するんだろう? 税金が控除される以外に何かメリットがあるのかなあ?」ってみんなが普通に感じているのではないでしょうか。「みんながしているから結婚はした方が良いよ」という同調圧力は、もう僕も含めた昭和の人たちの層が消えてしまえば、なくなってしまうんじゃないかなあって気がしています。

現代の日本では、「結婚」に関して二つの問題が出てくると思います。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

渋谷のバーのマスターが教える、恋愛作法のエトセトラ。ついに書籍化!

ケイクス

この連載について

初回を読む
ワイングラスのむこう側

林伸次

東京・渋谷で16年、カウンターの向こうからバーに集う人たちの姿を見つめてきた、ワインバー「bar bossa(バールボッサ)」の店主・林伸次さん。バーを舞台に交差する人間模様。バーだから漏らしてしまう本音。ずっとカウンターに立ち続けて...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

ora109pon 結婚て本当に必要? | 約3年前 replyretweetfavorite

chiponyo 結婚て本当に必要?|林伸次 @bar_bossa https://t.co/ZA73G62jMX めっちゃ共感しました。 約3年前 replyretweetfavorite

hamakihito 子供のことを考えると、現状片親で育てるのは大変かなあと思うので、そういう意味では多少の縛りは必要なんですかね。もっと社会全体で子供を育てるってなれば要らなくなるかも。 約3年前 replyretweetfavorite

ayumikizuka なるほどたしかに。結婚に対する違和感はこれ。違和感に妥協できる人は結婚できるのかも。かと言ってベストな選択肢が何かはまだ見い出せない。 https://t.co/C7waaspqfO 約3年前 replyretweetfavorite