自分の足で歩けるように」藤咲彩音

でんぱ組.inc連続インタビュー、4回目はピンキー!こと藤咲彩音さん。メンバー最年少の現役高校生、加入時期ももっとも遅い彼女ですが、中学生の頃からニコニコ動画では知る人ぞ知る存在でした。そんな彼女も、ある決意を持ってでんぱ組.incとして活動してます。今まさに成長を遂げようとしている少女の物語です。

藤咲彩音(ふじさき・あやね)
156cm 12月7日生まれ
両親の影響で1歳からコスプレイヤーとしてのキャリアをスタート。特技はもちろんコスプレ。またニコニコ動画で「踊ってみた」を投稿し、ピンキー!名義で踊り手としても活躍している。
ニックネーム:ピンキー!
キャッチフレーズ:歌って踊って七変化!
テーマカラー:ブルー
ヲタクジャンル:コスプレ
2011年12月25日加入
ブログ:ピンキー!の七変化の巻
Twitter:@PINKY_neko

動画サイトたくさん 「踊ってみた」よ
再生数のため パソコンかじりついてた

自分で考えると傷つくから

私は自分の頭で考えないで生きてきました。難しいことを考えるのはいやだし、考えなくても誰かがどうすれば楽しい気持ちになれるのか教えてくれたから。楽しそうにしている人がいたら、その人のマネをすればいいだけだし、「マネばっかりしてないで自分で考えてやりなよ」って言われても、どうしてそうしなきゃいけないのかわからなかった。だって、楽しければいいじゃん。

小学校の時、ゴミ捨てて来いとか、これを片付けとけとか、友だちに言われました。私はさみしがりやだから無視されるのが一番怖かったし、そう言ってくれるってことは、私のことが見えているし、私に好意を持ってくれているんだって思っていました。パシリパシリって言われたけど、パシリの意味は高校に入るまで知りませんでした。

でも、本当は気がつかないフリをしてただけなんだと思います。半分は気がついていたのに蓋をしてただけ。気が付きたくないから、気がついたらそれで傷ついちゃうから、なるべく自分の頭で考えないようにしてきました。ちゃんと自分で考えないで、全てなんとなくで生きてきてしまったんです。

お母さんに褒められたくて

私のコスプレイヤー歴は1歳から。お母さんが『鉄拳』とか『スト2』とかのゲームが好きで、それを私が横で見て喜んでいたら、お母さんがキャラクターの衣装を着させてくれたのが始まりです。1歳の頃だから、その頃の記憶なんて全然残ってないけど、パシャパシャとられたカメラのフラッシュの光だけは、少しだけ覚えています。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
生きる場所なんてどこにもなかった—「W.W.D」発売記念連続インタビュー

でんぱ組.inc

いま大注目を集めるアイドルグループでんぱ組.inc。彼女たち自身が新しい代表曲と胸を張る「W.W.D」は、アイドルとしては異例の経歴を持つ彼女たちのドキュメンタリーソングです。この連載では、歌詞には描ききれなかったこれまでのこ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Oshiete23Z |生きる場所なんてどこにもなかった――「W.W.D」発売記念連続インタビュー|でんぱ組.inc cakes(ケイクス)をダウソした https://t.co/UdpDLqIDNl 3年以上前 replyretweetfavorite

yzn_owari https://t.co/1hh9rxIVkF ふおおおんピンキー… 4年弱前 replyretweetfavorite

muunow  「でも、でんぱ組.incに入ることだけは自分で決めました」誰しもそういう瞬間があって、そういう瞬間こそがとても大切だと思う。最年少らしいインタビューw 約5年前 replyretweetfavorite

gtztg https://t.co/d5kx0irEot これがよめてよかった 約5年前 replyretweetfavorite