プリティ・ガールズ

例のファイル

ポルノ動画は偽物だというメイヒュー警部の言葉が信じられないクレアは、あの動画をもう一度すべて見返すことにした。これは本当に偽物なのだろうか?


プリティ・ガールズ 上(ハーパーBOOKS)


7

 クレアは自分の部屋にすわっていた。ポールのところはもう耐えられない。クレアの机はチッペンデールの書き物机で、自分でオフホワイトに塗り替えた。壁は薄いグレー。床に敷いたラグは黄色いバラの模様。全体に詰め物がされた椅子とオットマンは、落ち着いた薄紫のベルベットで覆われている。シンプルなシャンデリアが下がっているが、クレアはクリスタルをアメジストに交換して、日が差したとき壁に紫のプリズムが現れるのを楽しんでいた。

 ポールは決して部屋に入ってこなかった。入口に立っているだけで、パステルカラーのあれこれに触れたらペニスがもげ落ちるとでも思っていたのだろう。

 車に残されていたアダム・クインのメモを見つめる。

“ほんとうにあのファイルが必要なんだ。強引な真似をさせないでくれ。AQ”。

 長いあいだ見つめすぎたせいで、目を閉じたときもその言葉が浮かびあがった。

 強引な真似。

 これは明らかに脅迫だが、アダムにはクレアを脅す理由などないのだからわけがわからない。強引な真似とは具体的にどんなこと? ならず者を送りこんで痛めつけるとか? それとも性的なほのめかし? アダムとの浮気は少し荒っぽいところがあり、それはふたりの情事の性質上から来ているものだった。ロマンチックなホテルの部屋などというものとは無縁で、最初はクリスマスパーティで壁を背にしての慌ただしい行為だった。二度目はゴルフコンペのとき。〈クイン+スコット〉のオフィスのトイレのなかというのも一度あった。正直言うと、内緒の電話や秘密のメールのほうが実際の行為よりも刺激的だった。

 それでも、クレアはアダムが言っているのがどのファイルのことか考えずにいられなかった—仕事のファイル、それともポルノのファイルだろうか? アダムとポールは大学の寮の部屋から保険の外交員まですべてを共有してきた。自分もその共有リストに載っていたのだと思ったが、ポールが気づいていたかどうかはわからない。

 しかし一方で、自分はなにに気づいていたというのだろうか。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ミステリー界の新女王カリン・スローターが描く本年度最高のスリラー小説!

プリティ・ガールズ 上 (ハーパーBOOKS)

カリン スローター
ハーパーコリンズ・ ジャパン
2015-12-02

この連載について

初回を読む
プリティ・ガールズ

カリン・スローター

成功した夫と美貌に恵まれ、なに不自由ない生活を送っていたクレア。だが、ある日暴漢に夫を殺されたことから、彼女の人生は暗転する。葬儀中、自宅に強盗に入られたクレアは、刑事に加えFBI捜査官が事情聴取に現れたことを不審に思い、夫のパソコン...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません