優しい味の「たこごはん」とワインで体の芯からほっかほか[第11回]

寒さが続く毎日。冷えたキッチンに立って料理をつくることを考えただけでも、ちょっと面倒に感じてしまいますよね。今週のバダさんのレシピは、とっても簡単なのにすっごくおいしい「たこごはん」。米料理なのに、炊飯器でご飯が炊けるのを待つ必要もありません。暖かくてお酒にぴったりなこの料理、ぜひお試しください!

みなさんこんにちは。
2月は寒さが続きますね、
風邪やインフルエンザ、大丈夫ですか?

寒さ厳しいこの時期のおつまみは、
おなかの中からじんわり温まるものが食べたいですね。
おつまみの役割も果たすお酒に合う味でありつつ、
主食も兼ねちゃう。
いっそのこと、温かいごはんものなんてどうでしょう。

おつまみの役もできるごはんものっていうと、
リゾット?
いえ。
ドリア?
いえいえ。
炊き込みごはん?
近い!

そう、今日ご紹介するのは、
炊き込みご飯とリゾットの間に位置するようなごはん系おつまみ
「たこごはん」です。

この「たこごはん」は
ポルトガルの「Arroz de Polvo(アローシュ・ドゥ・ポルヴォ)」が元。
玉ねぎやにんにくを炒めてうま味に加えるので、
和風のたこごはんよりもとろみのある、やさしい口当たり。
すっきり系の白ワインでも、
味わいのある軽めの赤ワインでもいけます。
もちろん、ビールでも。

Arroz(アローシュ)はポルトガル語で米という意味。
ポルトガルはイタリアとヨーロッパNo1を競い合うほどの
米食が盛んな国です。
汁たっぷりのおじや風、
とろとろのリゾット風、
パリッと香ばしく仕上げた炊き込み風などさまざまで、
米大好きな日本人からするとなんとも嬉しいラインナップ。
レストランでメニューを開くと、
Arrozの欄には鴨、鶏などの肉類からたこ、アンコウなどの魚介類など
バリエーションがずらりと並んでいます。
味つけも、シンプルな素材の味を生かしたものから
トマト味、ときには鶏やうなぎの血を使った調味もあって、
その味の幅広さにもびっくりします。

もともとポルトガルやスペインのあるイベリア半島は
アラブ人と領土を奪い合った歴史的背景があり、
米食文化はその中でアラブから伝わったもの。
まるで日本人のように米を楽しむポルトガル人のレシピは
ワインに合うものも多いので、
おつまみ的な要素も持っているんです。

今回作る「たこごはん」は
たこから出るだしに
にんにくと玉ねぎのうまみが混ざって、
あっさりしながらワインにもよく合う深みが飽きない味。
では、早速「たこごはん」を作っていきましょう。

材料はこちらです。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
ポルトガル食堂

馬田草織

ポルトガルや南蛮絡みのエピソードが大好きな編集者・ライターの馬田草織さんが、仕事現場や旅先、日常で気になった食のサムシングと、それにちなむおつまみ&ぴったりなお酒を月替わりでご紹介していく、家飲みも外飲みも楽しむ人へ捧げる至福のほろ酔...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

saoribada “@abgk: ”美味しくできましたか? 3年弱前 replyretweetfavorite

PlainBiscuit アレンジでニラを入れてみたけど、けっこう合っててうまい。「たこごはん」一人暮らしの男性でも簡単に作れるぜい。レシピはこちら→https://t.co/D5BDUAzr83 約4年前 replyretweetfavorite