第12回】津田さん、ウェブでどう世界は動くんですか?④ ~津田大介×加藤貞顕 特別対談~

新刊『ウェブで政治を動かす!』(朝日新書)が評判になっている津田大介さんとcakes編集長の加藤貞顕の政治対談第4回目。今回は、前回に引き続き津田さんの新サービス「ゼゼヒヒ」や今後の津田さんご自身の展望についてお伺いしました。

「ゼゼヒヒ」は、ネットで「議論」して
ほしくて作ったわけじゃない

加藤 なるほど。あの質問事項は事務局側がたてるものなんですね。こういう「ゼゼヒヒ」みたいなサービスができるということは、「津田さんはネットで議論しようとしている」とみんなは思っていると思うんですよね。ネットに政策を集めて、それをみんなで議論して、それで政治を動かしていこうとしてるんじゃないかと。

津田 うーん、でも、僕も専門家の立場で言うとネット業界を15年見続けていて、これまでに議論サイトが盛り上がったためしはないんです。つまり、ネットは議論にむいてないんですよ!

加藤 むいてないんですか! 意外です!

津田 みんな「政策議論サイトがほしい」と言うんです。確かに最初はみんなうまくいく。でも、すぐ廃れるんですよ。やっぱり、「ウェブは議論に向いてない」っていうのが僕の結論です。

加藤 ネットって議論向きだと思っていましたよ。

津田 ただ、「はてなブックマーク」のコメント欄が一時期いい線いっていたみたいに、ひとつの問題に対してみんないろいろ言いたいって気持ちは持っている。でも、すごく荒れていたし、常にフローで流れて消えてっちゃうものですよね。あのときみんなが思っていたことや意見を表明したものを、ストックして残せたらいいんじゃないかと思ったんです。それはフローなツイッターの情報を保存するツイログじゃなくて、特定のテーマで切り分けて残しておければ、あとで大きな価値を生むんじゃないかと思っているんです。それが「ゼゼヒヒ」の発想だったんですよ。

加藤 「ゼゼヒヒ」を作ったとき、なにか想定していたものってあるんですか?

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
Commitment2.0—そろそろコミットしてもいいんじゃないの?

津田大介

普通のひとが普通に、身近で切実な社会問題を変えていくにはどうしたらいいのか? ジャーナリストの津田大介さんが、自身のこれまでの経験や考え方、具体的な手法などのエッセンスをここで公開しながら論じます。眉間にシワをよせない、楽しく明るい社...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

HAL_emon ケイクスアプリ見やすい〜(^-^) 約4年前 replyretweetfavorite

sadaaki 「ネットは議論に向いていない」という話が面白かったです。だから「ゼゼヒヒ」をつくったと。 4年以上前 replyretweetfavorite