(不倫)だからなに?」フランス大統領たちの振り切ったスキャンダル

不倫騒動のバッシングはいつの時代も苛烈なもの。でもフランスだとすこし様子が違うようです。芸能人どころか大統領の不倫スキャンダルが珍しくないとか。フランス在住の中村綾花さんが、「自由、平等、博愛」が標語の国フランスならではの、振り切った恋模様をお届けします。

いいかげん「不倫」の話題ばかりで、飽き飽きしている人もいるかもしれませんが……、パリからももちろん、不倫事情をお伝えしていきますよ!

「不倫」。 この二文字の漢字が強烈な「罪」の香りかもしだすのは、社会的、表向きな「ルール」や「常識」が存在する社会においてこそ。

厳しいルールがあればあるほど、それを破るのはスキャンダラスです。

一方、「自由、平等、博愛」が標語の国フランスで、赤信号で停止することすら守れないパリジャンで溢れる社会での「不倫」はどうでしょうか?

日本のように「けしからん!」という風潮は強くないように思います。

パリでは「ルール」がゆるいことが多すぎますし、なんなら「ルールは破るもの」と思っている人も多すぎるからです。

なにより、パリでは結婚をしていないカップルが多いのですが、それは「結婚という法律制度で、恋する人の心は縛れない」ということを、よく知っているからでしょう。

今回はそんな国で、フランス人の誰もが知っている歴史的なスキャンダルの数々を紹介してみようと思います。

ずばり、フランスの歴代大統領たちのスキャンダルです。

フランス大統領が発した、伝説の「一言」

スキャンダル史上でも伝説となっているのは1981年から就任したミッテラン大統領の一言。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
パリジャン十色

中村綾花

“花の都”と称され、雑誌やテレビでもその優雅なイメージが特集されることの多い、フランスの首都・パリ。パンやスイーツはおいしいし、ファッションは最先端だし、歴史ある建物たちも美しいし、住んでいる人もおしゃれな人ばかり……と思いきや、パリ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

awajiya [ ]私の友人は「彼女に巡り会った順序は偶然の産物だ.だから,たまたま後だった俺が夫に遠慮する筋はない」と言い放っておったw 1年以上前 replyretweetfavorite

wackosato この連載を本当に楽しませてもらっています。いいなぁ、異文化! 2年弱前 replyretweetfavorite

aim54_phoenix フランスはだから出生率高いんだろうな(^^;  2年弱前 replyretweetfavorite

asyara28 https://t.co/852je2W4li 2年弱前 replyretweetfavorite