プリティ・ガールズ

偽物の血

ポールが見ていた猟奇ポルノを警察署に提出したクレア。その動画をみたメイヒュー警部の反応は、クレアの予想を裏切るものだった。


プリティ・ガールズ 上(ハーパーBOOKS)

 そこになにがあるか知っている。メイヒューが動画を開いて見ているあいだクレアは顔をそむけていた。パソコンの音声はオフになっていた。聞こえるのはメイヒューの規則正しい息遣いだけだ。人間がどれほど残酷になれるか、いちいち驚くようでは警部にはなれないのだろう。

 数分が経過した。メイヒューがついにマウスから手を放した。再び椅子の背にもたれ、 口ひげを引っぱって言う。「さて、こんなものは初めて見ますと言うことができたらよかったんですが......。正直言うと、もっとひどいものも見ています」

「信じられません......」なにを信じられないのか自分でもわからなかった。

「よく聞いてください、ひどくショッキングなことはわかります。ほんとうです。初めてこういうものを見たとき、わたしも数週間眠れない夜を過ごした。たとえ偽物だとわかっていてもです」

 心臓が跳ねたような気がした。「偽物?」 「ええ、そうです」メイヒューは笑いをこらえた。「これは猟奇ポルノと呼ばれるものです。本物じゃない」

「ほんとうですか?」

 メイヒューはモニターを回転させてクレアにも見えるようにした。静止した画像が映っている。メイヒューはある部分を指さした。「この影が見えますか? これはスクイブにつながっている線です。スクイブはわかります?」

 クレアは首を振った。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ミステリー界の新女王カリン・スローターが描く本年度最高のスリラー小説!

プリティ・ガールズ 上 (ハーパーBOOKS)

カリン スローター
ハーパーコリンズ・ ジャパン
2015-12-02

この連載について

初回を読む
プリティ・ガールズ

カリン・スローター

成功した夫と美貌に恵まれ、なに不自由ない生活を送っていたクレア。だが、ある日暴漢に夫を殺されたことから、彼女の人生は暗転する。葬儀中、自宅に強盗に入られたクレアは、刑事に加えFBI捜査官が事情聴取に現れたことを不審に思い、夫のパソコン...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません