胸キュン度が高まる本屋 百年/東京・吉祥寺

オンライン書店の普及で、本屋に行かなくても本が手に入るようになった今日このごろ。それでも、検索では見つからない本もたくさんあるんです。そこで、ケトル厳選の「検索では見つからない本がかならず見つかる本屋10選」をご紹介します。(『ケトル』第0号より)

吉祥寺の雑居ビルの2階。 小さな看板に気づかなければ通り過ぎてしまいそうなところに、「百年」はある。

「古本屋で2階にあるっていうのは、ちょっとマイナスなんですが、その方がお客さんと密着度の高いやりとりができると思ったんです。隠れ家っぽいというか」と話すのは、店長の樽本樹廣さん。  

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケトル

この連載について

初回を読む
僕等が本屋に行く理由

ケトル

「最高に、無駄がつまったワンテーマ・マガジン」をコンセプトとした、雑誌『ケトル』。その毎号の特集をcakesで配信していきます。第1弾は、創刊準備号掲載の「僕等が本屋に行く理由」。 電子書籍、オンラインストア…。本屋に行かなくても本...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード