プリティ・ガールズ

夫の”仕事”フォルダを開くパスワードは?

夫がSM動画を隠していた”仕事”フォルダを開こうとするものの、パスワードがかかっている。そのパスワードの数字は結婚記念日でも初めてデートをした日付でもなく……。


プリティ・ガールズ 上(ハーパーBOOKS)

 驚くほど落ち着いた手でマウスをドックに移動し、“仕事”フォルダーをクリックした。

 レインボーカーソルが回転しはじめたが、ファイルのリストではなく白いボックスが現れた。

“グラディエイターに接続しますか?”。

  下にイエスとノーのボタンが表示された。どうして昨日ログインしようと思わなかったのだろう。ノーラン捜査官が階段をあがってきたとき、いくつかのメッセージに対してクローズボタンを押したのをなんとなく思いだした。そのうちのひとつがこのグラディエイターとかいうものに関するものだったのだろう。

 クレアは机に両肘をついてその言葉を眺めた。これはやめるべきだというサインなのだろうか。ポールはクレアを全面的に信頼していた。クレアの浮気に気づかなかったのもそのせいだ。もちろんアダム・クインが最初でもないし最後でもない。正直に打ち明けると、 バーテンダーのティムが妻に捨てられたのは理由があってのことだ。

 昨日の苦い罪悪感を呼び起こそうとしたが、パソコンで見つけたあのひどい映像によって後悔の念は薄まっていた。

「グラディエイター」クレアはつぶやいた。聞いたことがある気がするのはなぜだろう。

 マウスを動かしてイエスのボタンを押した。

 画面が切り替わり、新しいメッセージが立ちあがる。“パスワードは?”。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

プリティ・ガールズ 上 (ハーパーBOOKS)

カリン スローター
ハーパーコリンズ・ ジャパン
2015-12-02

この連載について

初回を読む
プリティ・ガールズ

カリン・スローター

成功した夫と美貌に恵まれ、なに不自由ない生活を送っていたクレア。だが、ある日暴漢に夫を殺されたことから、彼女の人生は暗転する。葬儀中、自宅に強盗に入られたクレアは、刑事に加えFBI捜査官が事情聴取に現れたことを不審に思い、夫のパソコン...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません