第10回】津田さん、ウェブでどう世界は動くんですか?② ~津田大介×加藤貞顕 特別対談~

新刊『ウェブで政治を動かす!』(朝日新書)が評判になっている津田大介さんとcakes編集長の加藤貞顕の政治対談第2回目。今回は、「官僚の人たちは、いったい政治の場でいったいどんな働きをしているのか?」について、紹介します。

審議会の結論は、座長や官僚からの
働きかけで方向性がだいぶ決まる

加藤貞顕(以下、加藤) そこで、結論が出なかったらどうするんですか?

津田大介(以下、津田) 1年やって、結論が出なかったものは、2年やったりしますよ。私的録音録画承認委員会は、期間が伸びて結局3年もやりました。

加藤 長いですね。民間の会議だったらリーダーがいていろんな議論はするけど、最後誰かが「はい、これで決定!」って、すぐに決めるじゃないですか。そんな風に、意見がわかれた場合は、どうやって結論を作るんですか?

津田 座長がいるので、基本的には官僚と座長で決めていくんです。

加藤 私的録音録画承認委員会みたいに対立する人々が集まっていると、意見が割れますよね。それは座長が勝手に決めちゃうっていうこと?

津田 『会議の政治学』っていう本があるんですが、それに書かれているのが本当にすごく面白くて。基本的には、調整をするんです。官僚がその委員同士に「この日に来てください」って言うと、最初のころほとんど「はいわかりました」って言ってみんな集まるんだけど、どんどんもめてくると、「この日に日程が決まりました」って言うと、必ず官僚が弁解にくる。レクっていう風に言うんだけど、「次の会議はこういう風に進めたいと思います。もちろん津田先生はこういう意見をお持ちでしょうが」みたいな説得にくるんですよ。

加藤 すごいですね。

津田 完全に根回しの世界ですよ。

加藤 それで、なんとかまとめる方向に持って行くんですね。

津田 やっぱり、あとはなんだかんだで座長になる人は人格者が多いんですよ。委員からも尊敬されてる人が多いので、最終的には座長が「俺の顔を立てて、これでお願い」みたいなことになる。

加藤 本当にそういうことがあるんですね! 

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
Commitment2.0—そろそろコミットしてもいいんじゃないの?

津田大介

普通のひとが普通に、身近で切実な社会問題を変えていくにはどうしたらいいのか? ジャーナリストの津田大介さんが、自身のこれまでの経験や考え方、具体的な手法などのエッセンスをここで公開しながら論じます。眉間にシワをよせない、楽しく明るい社...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません