後編】作品は私という人生を映す鏡

元宝塚歌劇団宙組トップスターの大空祐飛さんと、『マチネの終わりに』を新聞連載中の芥川賞作家・平野啓一郎さんの対談。後編では、多くのクリエイターたちがぶつかる40代の苦悩の話から。ヒット作を出し続ける平野さんと、宝塚退団後も精力的に活動されている大空さん、お二人の創作のエネルギー源に迫ります。

クリエイターが陥る40代の苦悩

大空 平野さんが現在連載されている『マチネの終わりに』は、天才的クラシック・ギタリスト蒔野を主人公に、大小様々なテーマが折り重なり合いながら大人のラブストーリーが描かれます。書く際に意識されたことはありますか?

平野 僕は今年40歳になったのですが、40歳という年齢をかなり意識しました。周りの小説家やクリエイターの方を見ていて、それくらいの年齢になると、行き詰まってきたり、作風を思いっきり変えたりなどという例がよくあって。

大空 主人公の蒔野も38歳、洋子は40歳ですよね。

平野 20代の頃はやりたいこともたくさんあるし、やらなければいけないことも具体的です。でも40代になると、やりたいことや書かなければいけないことは既に30代でやってしまっていて。その先のレベルに行きたいなという気持ちはあるけれど、漠然としてしまうんです。主人公の蒔野は僕とは違うタイプの人間ですが、そういったクリエイターとしての問題意識が作品のなかにあります。

大空 40代の苦悩が大きなテーマになっているのですね。

平野 もう一方で僕が最近の世の中にうんざりしていて。嫌な事件も多いですし、政治的にも殺伐としているじゃないですか。

大空 そうですね。

平野 だから小説を読んでいる時くらいは、別世界にうっとり浸れるような恋愛の話を書きたいなと。小説には『決壊』のようなストレートに社会問題を追求するものも必要ですが、一方で非現実の世界に浸れる体験も必要だと思います。

大空 私も平野さんと同年代なので、とても共感できます。私も舞台で達成したいことや上だけを目指してやってきたあとに、次に自分はどういうステージを目指すのかなと結構漠然としてしまいました。若い頃とは肉体もアプローチ法も違いますし、エネルギーだけで押す表現だけではないですしね。

平野 大空さんの場合は、宝塚時代からトップになられたあとに次のステップのことを悩まれたことがあったのですか? それとも退団されてから?

大空 宝塚時代は全くその先のことは考えずに、自分の極めたいものを極め続けることだけに集中していたんですが、宝塚を退団した時に人生の節目だと感じました。もしかしたらその時が丁度そういう時期だったのかもしれないですね。

平野 なるほど。

大空 あとこの作品は恋愛小説ですけれど、若い頃の恋愛ではこうもいかないというか……。

平野 そうですね。やっぱりそこが書きたかったところでもあって、僕が40代になってから、恋愛の比重だけが大きい若い人の物語に共感をしなくなってきたんです。仕事や家庭などの複雑に絡み合う条件の中で、恋愛があるということにリアリティーを感じて。だから両方を書かないと、恋愛の話にもならない。

大空 今の時代、40代の女性も仕事の比重が大きくなってきていますし、仕事にやりがいをもって過ごしてきたら、自分の何もかもを投げ打って恋愛にひた走っていくことは難しいですよね。

共感が役者のエネルギーになる

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
表現者の苦悩—平野啓一郎×大空祐飛対談

平野啓一郎 /大空祐飛

元宝塚歌劇団宙組トップスターの大空祐飛さんが、自由に表現を楽しむ人にお話を聞く「表現者ノマド」シリーズ。現在、毎日新聞とnoteで『マチネの終わりに』を連載中の芥川賞作家・平野啓一郎さんに、作品世界の作りかたを伺いました。

関連記事

関連キーワード

コメント

ora109pon 作品は私という人生を映す鏡 | 約3年前 replyretweetfavorite

ora109pon 作品は私という人生を映す鏡 | 4年弱前 replyretweetfavorite

marokov14 @yukis22 @yooharing 後半ももう読めるよ! 4年弱前 replyretweetfavorite

asakaruko 平野啓一郎さん×大空祐飛さん対談講座「 「大空さんが男性を演じられていた時は、どのようにして男性像を造られていたのですか?」という平野さんの質問に、大空さんの答えは…?ぜひご覧ください。(牛) 4年弱前 replyretweetfavorite