オチビサン歳時記

初夢 〜「一富士二鷹三茄子」には続きがあった!?〜

みなさんはどんな初夢を見ましたか?
元日から2日に見る夢といわれている初夢。
なかには、元日の明け方に見る夢だとする人もいれば、
2日から3日にかけて見るのが初夢だという人もいます。
そしてオチビサンの説は……!?
なにはともあれ、よい1年になりますように!

初夢で吉凶を占う習慣は、鎌倉時代にはすでにありました。歌人の西行が、こんな歌を残しています。

年くれぬ春は来べしとは思ひ寝にまさしく見えてかなふ初夢  
年も暮れ、春はきっと来ると思って寝たら、それが本当に見えて、初夢がかないました。

現代のように科学が発達する前、人々は、夢に見ることは神仏のお告げだと本気で信じていました。法隆寺に夢殿とよばれる建物がありますが、この名も夢と関係があります。この地はかつて聖徳太子の一族が暮らす斑鳩宮で、そこにも同じ名の建物がありました。太子はその中にこもって夢占いをしたと考えられているのです。

戦国武将の北条早雲が見た夢も有名です。一説には初夢ともいわれていますが、1匹のネズミが2本の杉の大木をかじって倒し、トラになったという夢です。ねずみ年だった早雲は大喜び。宿敵だった2つの上杉家を倒せると信じたからです。年の初めに、なんとかして吉夢を見たい! そんな人々のために、江戸時代には「宝船売り」が新年の町を流しました。2日の正午過ぎから夜にかけて見られたというので、江戸の初夢は2日の夜に見るものだったのですね。「お宝~お宝~ えー宝船~」と売っていたのは、宝船やそれに乗る七福神の絵。人々はそれを買い、枕の下に敷いて眠ったのです。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

コルク

この連載について

初回を読む
オチビサン歳時記

金田 妙 /安野モヨコ

漫画家・安野モヨコの描く1ページのカラー漫画「オチビサン」。 春はお花見。夏は海水浴。 秋はもみじ狩り。冬はみんなで"おしくらまんじゅう"。 オチビサンは毎日遊びに大忙し! 『オチビサン歳時記』では『オチビサン』に出てくる季節の言葉...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

tipi012011 初めて知った! 約4年前 replyretweetfavorite