女性からのサイン、見逃してませんか?

新年最初の「ワイングラスのむこう側」は、女性が出しているサインのお話です。夫や恋人に対して、「ナンパされた」とか、「モテちゃった」みたいな自慢をする女性は少なくありません。そんな時、男性は大概「ふーん」と流してしまうのですが、それは見逃してはいけない「サイン」だったのかもしれません。

女性がパートナーに「モテちゃった」と伝える理由

いらっしゃいませ。
bar bossaへようこそ。

あなたの奥様、あるいは恋人が「私、この間、歩いてたらナンパされちゃったんだよね」とか「なんか渡辺さん(仮)って、私のことに気があるみたいで色々とちょっかい出してくるんだよね」とかって、突然あなたに言うことってありますよね。

そのとき、あなたはどういう風にリアクションしていますか?「へえ、そうなんだ」くらいのおもいっきりスルーの言葉を言っていませんか?

それ、マズイと思います。

逆に、男性が奥様に「最近、エリコさん(仮)がすごい俺のこと誘ってくるんだよね」とか「この間、バーで隣にすごい色っぽい女性が座って、その後飲みに行こうとかって誘ってきたんだよね」とかって言うと、奥様は必ず警戒すると思うんです。

この違いは一般的にはこう解説されます。男性にとって恋人や奥様である女性は、一度付き合うって決めたり、一度結婚という契約をかわしたりすると、「自分の所有物」という意識が芽生えてしまうんですね。だから「まさか自分以外の男に心を動かすわけがない」という変な自信から起きているんです。逆に女性は自分の夫や恋人はいつでも自分のところを去り、違う女とどうにかなるのかも知れないと本能的に思っているそうなんです。

でも、当然と言えば当然ですが、男性も女性も既婚者であろうと恋人がいる人であろうと、「新しい誰かと出会う確率」は同じなわけです。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

渋谷のバーのマスターが教える、恋愛作法のエトセトラ。ついに書籍化!

ケイクス

この連載について

初回を読む
ワイングラスのむこう側

林伸次

東京・渋谷で16年、カウンターの向こうからバーに集う人たちの姿を見つめてきた、ワインバー「bar bossa(バールボッサ)」の店主・林伸次さん。バーを舞台に交差する人間模様。バーだから漏らしてしまう本音。ずっとカウンターに立ち続けて...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

riyonmosa ふーんと言われたら、そらそっち行きますわな◆ 4年弱前 replyretweetfavorite

iammeiden 「あなたの奥様、結構モテますよ。だって、あなたがあんなに惚れた相手なんですから。」 4年弱前 replyretweetfavorite

masaki_kashiwa  魅力的な女性の彼・夫がボケーっとしていたらどんな行動にでるか、同じ男の心理は手に取るように分かるはずなのにね〜これ読んでも焦らない輩は間違いなくバカですね〜 4年弱前 replyretweetfavorite