梨木香歩 前編「名前って、それ自体に力があって、詩のはじまりなのかもしれません」

『西の魔女が死んだ』や『裏庭』『家守綺譚』などで知られる梨木香歩さんが上梓された児童文学『岸辺のヤービ』。そこには、私たちの日常のすぐそばにいそうな不思議な生き物、ヤービが登場します。自然につつまれたお話はどのような時間の中で生まれたのでしょうか?

ヤービはわたしのなかに、ごく自然に出てきました


その日、ヤービは古いカイツブリの巣の中で、ずっとさがしものをしていました。

『岸辺のヤービ』より

鳥の餌台が設えてあるのを目に留めていると、

 ヒヨドリにヤマガラ……、いろんな鳥が来るんですよ。

顔なじみのご近所さんを自慢するみたいに、梨木香歩さんが教えてくれた。

小さい川に沿って両岸が緑地になっている公園のほど近く。梨木さんの仕事場へお邪魔すると、あまりにこちらの勝手な想像のとおりでおもわず笑い出しそうになる。たくさん植物を植えた庭がそこにはあって、葉群れが地面のあちらこちらに複雑な影のかたちを描いている。窓の向こうのそんな光景を見やっていると、ここが日本なのか外国なのか、2015年の現在なのかもっと古い時代にいるのか、よくわからなくなってしまう。

庭に飛来する鳥の種類は、驚くほど豊富だという。やっぱり川と公園が近いから……、とまずは考えるけれど。

 それもそうなんですけど、じつはどの街にも、意外なほど鳥っているものです。以前、大宮駅で、チョウゲンボウがとまっているのを見かけましたね。本来は草原にいて、ネズミなんかを狙う猛禽類ですけど。ヤマガラだって、かつては山のうえにばかり棲息していたのが、最近は公園でもよく見かけますし。

そんなに多様な生態が街の空にできあがっているなんて。街を歩いていて、珍しい鳥を見かけた覚えなんてあまりない。

 それは、気づいていないだけですよ。目を向ければ、彼らはちゃんといます。

庭に面した大きな部屋は、丸ごと仕事のための空間になっている。がっしりとした机が窓際に置いてあり、梨木さんはここで執筆をする。机の前に座り、ふと目を上げれば、左右両側とも窓外を眺めることができて、植物や鳥をいつだって捉えられる。なんとも贅沢な座り位置だ。

 そう、でもね、すぐ外のほうを向いて、そのまま見入ったりしてしまうから、ちょっと困ります。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
文学者の肖像

山内宏泰

文学とは、なんなのか。文学者たちは今をどうとらえ、いかに作品に結実しているのか。言葉に向き合う若き作家たちの「顔が見える」インタビューシリーズです。

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

pan_break 後編「その人の、永遠の少年・少女の部分に届いたのなら」|山内宏泰 https://t.co/HwrfUzFZ5D 2年弱前 replyretweetfavorite

reading_photo 【cakes】cakes連載「文學者の肖像: 2年弱前 replyretweetfavorite

hori_kawa 名前が付くと、漠然と頭のなかに渦巻いていた存在が、くっきりとした像を結んでいく。名付けることで、いろんなものごとが定まっていく 2年弱前 replyretweetfavorite

fujinejima “名前って、それ自体に力があるんでしょうかね。(略)それはひょっとすると、詩のはじまりなのかもしれませんね”『岸辺のヤービ』 2年弱前 replyretweetfavorite