欧米だから」と十把ひとからげにしてはいけない

ビジネスにおいて、日本とそれ以外のアジアの国では大きな意識の違いがあります。同じように、「欧米では~」と十把ひとからげに語られることも多いですが、その各国でも大きな違いがあります。欧米の人たちの考え方を知るためには、そこのコンテクストの違いを理解することが大切です。


世界の壁は高くない—海外で成功するための教科書(廣済堂出版)

〈グローバル感覚の壁〉

「欧米だから」と十把ひとからげにしてはいけない

 海外と日本人とでは、〝グローバル感覚〟にも壁があります。
 ご存じの方も多いと思いますが、各国の世界地図は、その国から世界がどう見えるのかを象徴しています。
 たとえば、日本の皆さんがご存じの世界地図は、日本が中心に、右側に米国、左側に欧州が現れます。
 しかし、欧州の地図では、欧州が中心になっているため、日本は右側にあり、左側に米国があります。また、米国の地図では、米国が中心になるため、右側に欧州、左側に日本が配置されています。

 つまり、グローバル戦略を考えるときに、国によって、「右に攻める、左に攻める」あるいは、「東に攻める、西に攻める」の意味や方向性が極端に変わってしまうのです。
 地図はわかりやすい例ですが、こうした視点の違いや感覚の違いは、なかなか日本を離れないと気がつかなかったりします。
 国を変えると感覚が違うということが、いたるところにあります。

 壁といえば、文字通りの「国境の壁」もそのひとつです。
 国と国に国境があるのは当たり前では、と思われるかもしれませんが、そんなに単純な話ではなく、「国境への感覚」に壁があるのです。
 たとえば、イギリスについてです。日本人の感覚では、イギリスは欧州の一部、というイメージが強いのではないでしょうか。しかし、世界では「欧州は〜」と語るときに、イギリスは含まれていないことが多いのです。
 ときどきイギリス人が、「欧州は〜」と語ることがありますが、そのときそこに自分たちは含まれていません。にもかかわらず、イギリスも含まれている欧州をイメージしている日本人が、これをそのまま真に受けてしまったら、ビジネスにおいて誤解が生じてしまうかもしれません。
 イギリスは島国であり、イギリスと他の欧州は大陸が分かれています。陸続きではないせいかもしれませんが、イギリスでは明らかに他の欧州の人たちとは違う見方をします。

 また、欧州における「欧州とイギリス」の感覚と同じように、日本人にとって、日本がアジアに含まれないという感覚があると思います。
 しかし、欧米企業からすると、アジア本部に中国、台湾、韓国、シンガポール等の東南アジア諸国とともに、日本も含まれていることが多いです。欧州人からすると、日本人がもつ「欧州」のイメージと同じように、「アジア」ということでごちゃっとした同一地域に見えるのです。

 面白いのは、そのイギリスとは切り離された欧州の主要国、フランス、ドイツ、イタリア、スペインは、それぞれまったく異なる言語を話す、ということです。イギリスを含めたら、五カ国で言語が同じところがひとつもないのです。
 何がいいたいのかというと、日本人はついつい一口で「欧州」と語ってしまいがちですが、日本人にとっては同じように見える欧州の国々は、それぞれがまったく別の国だということです。

 これもある意味、コンテクストが違うともいえます。

 もしかしたら欧米から自分たちがどう見られているか、ということを少しでも考えてみると、わかりやすいのかもしれません。
 たとえば、韓国、台湾、中国、香港、タイ、インドネシア、日本などアジアの国々があって、それぞれの国はほとんど違う言葉をしゃべっていて、文化も慣習も異なるわけですが、欧米の人たちは「アジア」とひとくくりにしてしまいがちです。
 極端な話、韓国と日本はお隣同士だから、同じような国なのかな、と思ってしまっている欧米人もいます。しかし、当の日本人にしてみれば、言語は違うし、考え方もビジネスも、まったく異なるのに……となってしまうわけです。
 しかし、「ドイツとフランスは大きく違う」というときに、日本人にはその感覚がなかなかもてません。ドイツとフランスは、日本と韓国くらい違う国だ、ということを、あまり想像ができないのです。
 ですので、グローバルなビジネス、海外向けのビジネスというと、みんないっしょくたな感覚をもってしまったりします。
 しかし、米国に進出するのと、ドイツでビジネスをやろうとするのとでは、当たり前なのですが、まったく違うものなのです。
 ところが、「欧米だから」と十把ひとからげにしてしまうリスクが日本人にはあります。「国境」には、大きな意味があるのです。
 日本人が思っている以上に、そこには壁があります。
 海外でビジネスをするときに、忘れてはならないことです。

遠さと近さの難しさがある、欧州でのビジネス
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

チャレンジする人の背中を押したい!

世界の壁は高くない

鳩山 玲人
廣済堂出版
2015-11-26

この連載について

初回を読む
世界の壁は高くない—海外で成功するための教科書

鳩山玲人

サンリオで海外戦略を担当。会社の営業利益が入社5年目で約3倍となり、常務取締役となった鳩山玲人さん。2015年、ハローキティをハリウッドデビューさせるための、社内ベンチャーのCEOに就任し、米国経済誌により「今まででもっとも成功したハ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Junko_Sasaki 確かに、日本って中国の一部でしょ、とか言う米国人とか未だにいて、いらっとします。立場を置き換えて俯瞰して考えてみるの大事> 約4年前 replyretweetfavorite