自由意志」は存在するのか—テクノロジーは人の幸せのために作られるvol.5

人間とロボットの違いは自由意志の有無であるという世間の考えに対し、前野隆司さんは、そもそも人間は受動的なもので、自由意志を持っていないのだと言います。人々が人とロボットを結びつけることに拒否反応を示し、自由意志を持っていたいと思う理由とは何なのでしょうか。そして、海猫沢めろんさんが日々感じていた「違和感」から導き出された答えとは? “すこしふしぎ”な科学ルポ。最終回です。

ロボットは人を幸福にできるか?

— 幸せ因子の中でロボットでもできることってないんですか? ここに書いてあることって、全部人間がメインですよね。

前野 ロボットがもっと人間や生き物らしくなってくると可能ですね。そしてそれは実現しつつあります。例えばアザラシ型ペットロボットの「パロ」を使った事例があります。認知症の方々は普段一人で座っていることが多いんだけど、パロがあると「かわいいね」とか会話をはじめる。「このアザラシのパロくんは北極海から来たんですよ」って言うと、「へーそうなんだ」と信じて、会話がけっこうスムーズに流れる。

— つまり認知症の人が生物だと思うくらいにはロボットは進化しているってことですよね。

前野 そう。もうちょっと進化すると、みんなが「やっぱりこいつ生きているよ、人間もロボットも変わらないんだから、やっぱり同じだよね」っていう時代が来るのかもしれない。現実的な話だと、コンシェルジュとかって形があるかもしれないね。

— Siriとかですね。そう考えると、ロボットにも人を幸せにできそうですね。

前野 そうですね。でもね……新聞記者の人とかにもよく「ロボットと幸せをつなげた話を」って言われるんだけど、僕はそこにはあまり興味がないんですよ。

— それはどうしてなんですか。

前野 うーん。そもそも人間もロボットだと思っているからかなあ……。わざわざつなげる必要が思いつかない。

— まあそうですね……。でも、人間がロボットだって言ったときに多くの人が拒否反応を示すのはどうしてなんでしょうね。みんな自由意志を持っていると思っていたいんでしょうか。

前野 そうでしょうね。別になくていいじゃんと思う人は少ない。

— そこが重要なんじゃないですか? 自由意志を持っているという要素って、「あなたらしく因子」ですよね。

前野 本当は自由意志なんてないんですけどね。

— でも、持っているという実感というか、コントロールできているという幻想が重要なわけじゃないですか。

前野 ある種の人にとってはね。両方の人がいるんでしょうね。

— 前野さんは自由意志がない派なんですよね。

前野 うん、幻想派。あると感じられるけどそれは幻想。だから本当はないと思ってる。

— 幸せはコントロールできるって知ったときに、「そうか、じゃあやってみよう」っていうのは自由意志じゃないんですか?

前野 自由意志のような、脳のニューラルネットワークの反応ですよ。

— 選択をしているわけではないんですかね。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
“すこしふしぎ”な科学ルポ

海猫沢めろん

漫画家・藤子不二雄氏はかつて、SFを「すこし・ふしぎ」の略だと言いました。そして現在。臨機応変に受け答えするSiri、人間と互角以上の勝負を展開する将棋ソフト、歌うバーチャルアイドル初音ミク、若い女性にしか見えないヒューマノイド……世...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

uminekozawa ◆人と機械の境界を探るルポエッセイ 1年以上前 replyretweetfavorite

uminekozawa ◆人と機械の境界を探るルポエッセイ 2年弱前 replyretweetfavorite

uminekozawa ◆人と機械の境界を探るルポエッセイ 2年弱前 replyretweetfavorite

uminekozawa ◆人と機械の境界を探るルポエッセイ 2年弱前 replyretweetfavorite