第20回】保険に入り過ぎていないか? 意外と厚い勤め先の支援制度

いざというとき、家族はどれほどの支援を受けられるのか。公的制度や勤務先などからの給付制度は思いの外、整っている。不安に駆られて、あなたは生命保険に入り過ぎていないか。

 保険に対する考え方は、退職世代と現役世代で微妙に異なる。

 例えば、ファイナンシャルプランナーの元に来る30代の相談者は「保険は入る意味があるのか」と根本的な質問からしてくるようなケースも多いという。

 一方で、退職世代の保険信仰は強く、メディアで保険の見直しが喧伝されていても、新たに無駄な保険に入ってしまうこともある。

 入り過ぎの退職世代、加入に慎重な現役世代という姿が浮かび上がるが、どちらが正しいというわけでもない。このような世代間の“ズレ”には理由があるからだ。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド

この連載について

初回を読む
親・子・孫 3世代のお金の話

週刊ダイヤモンド

遠く離れてたまにしか会わない家族と、お金の話はしにくいと思うかもしれない。しかし、実は、年末年始に会うタイミングでこそお金について話すべきなのだ。 *情報は税理士やファイナンシャルプランナーが監修をしていますが、実際に、相続や贈与を...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません