自費出版で儲けることはできますか? 【後編】

出版社から刊行された書籍『欲望するインタビュー』と、自費出版による姉妹本『旅するカンバセーションズ』を2冊同時に出版した編集者の原田優輝さん。近年加速している個人出版のこれからの可能性について、原田さんとブックコーディネーターの内沼晋太郎さんの間でさまざまな意見が交わされた刊行記念対談の後編をお届けします。

原田 自費出版の『旅するカンバセーションズ』については、価格設定もかなり迷いました。例えば、アマゾンで販売する場合、「e託」というサービスを使うことになるのですが、掛け率やアマゾンの倉庫への送料の負担などを考えると、通常の書店で売るよりも利益率がだいぶ落ちるんですね。通常の書店よりもアマゾンを重視するのであれば、やや価格を高めに設定をせざるを得ないんですが、気持ちとしては、なるべく価格を下げて少しでも多くの人に手にとってもらいやすい状態にしておきたい。また、カード決済サービスを用いたオンライン販売であれば、基本的には売上金のすべてが手元に残ります。だから、送料を無料にしても、アマゾンで販売するよりは利益になるんです。売り方が多様化している分、どの販売ルートを重視するかで価格設定が変わってくるということが難しくもあり、同時に面白いところでした。あと、これは出版社と自費出版から2冊の本を同時に出したからこ そできたことなんですが、オンライン販売では、2冊合わせて500円ほど割引になるセット売りをしていて、これがなかなか好評なんです。


書籍販売特設サイト

内沼 それは面白いですね。通常の書籍には再販制というものがあって、小売価格を変えてはいけないという取り決めが出版社と書店の間で交わされていて 、この仲介をしているのは取次会社です。だから、取次を使っていない自費出版本の場合、版元から定価を守ってほしいと言われないかぎり、書店側は価格を下げて売ってしまってもいいんです。つまり、セット販売にした時に、『旅するカンバセーションズ』の方を値引きしているということにできれば問題はない。たしかに、今回こうした形で2冊出したからこそできる面白い売り方ですね。

原田 再販制のことなどを調べている中で、「バーゲンブック」に関する情報も色々出てきたんですが、B&Bではバーゲンブックの面白い売り方をしているんですよね?

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

Series thumbnail 初回を読む
本を作って売るって、結局どういうこと? —原田優輝×内沼晋太郎対談

内沼晋太郎 /原田優輝

人気のインタビューサイト「カンバセーションズ」を運営する編集者の原田優輝さんが、『欲望するインタビュー』『旅するカンバセーションズ』という2冊の本をつくりました。出版社と自費出版それぞれから刊行された2冊の書籍の発売を記念して、下北沢...もっと読む

関連記事

関連キーワード

コメント

ryou_takano 気づいてなかった。B&Bでのトークイベントだけど、DOTPLACEではなく、cakesに掲載してるのね。 約3年前 replyretweetfavorite

QON_NET 書籍『欲望するインタビュー』『旅するカンバセーションズ』刊行記念イベントのレポート、最終回が公開されました。引き続きカンバセーションズ原田が、内沼晋太郎さん( @numabooks )に「本を売ること」をテーマにお話を聞いています。 https://t.co/dt5wuyjR1Y 約3年前 replyretweetfavorite

Ada_bana 『本の逆襲』の人 約3年前 replyretweetfavorite